manapedia
スチールウールとマグネシウムの燃焼
著作名: かたくり工務店
13,504 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

スチールウールとマグネシウムの燃焼

物質を燃焼(ねんしょう)させる、すなわち物質を燃やすことを酸化と言います。(正確には酸化の一種です)。燃焼には酸素が必要なために、物質と酸素が化合するわけです。

スチールウールの燃焼の化学反応式

スチールウールの燃焼を考えます。スチールウールは鉄でできているので、鉄の燃焼と考えていいでしょう。スチールウールを燃焼すると、パチパチと赤く光りながらもえていき、最後には黒いかたまりができます。

スチールウール(鉄)+酸素→酸化鉄

もえた後に残っていた黒いかたまりは、酸化鉄です。反応前の鉄が塩酸に溶けたのに対し、反応後の酸化鉄は、塩酸には溶けません

マグネシウムの燃焼

続いてマグネシウムの燃焼を考えます。燃焼ですので、マグネシウムと酸素が化合をします。

マグネシウム+酸素→酸化マグネシウム

マグネシウムをもやすと、酸化して酸化マグネシウムができます。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学理科