manapedia
化学反応式をわかりやすく説明
著作名: かたくり工務店
11,800 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

化学反応式

①鉄+硫黄→硫化鉄
②銅+硫黄→硫化銅

化合物をつくる過程の式は、これまで①や②のように、すべて物質の名前を書いていました。しかしこれでは、物質の名前を書くのに時間がかかってしょうがありません。(もっと言うとめんどくさい)。そこで、化学式を使ってこの反応を表していきます。化学式を使った反応式のことを、化学反応式と言います。

化学反応式を作ってみよう

鉄は"Fe"、硫黄は"S"です。①を化学反応式で表すと

Fe+S→FeS

となります、ずいぶんさっぱりしましたね。
では②はどうでしょう。銅は"Cu"です。

Cu+S→CuS

うまくできましたか?鉄は"Fe"、硫黄は"S"、銅は"Cu"。これは覚えていかなければならないので、新しい記号が出てきたら、その都度覚えていきましょう。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学理科