manapedia
原子と分子を化学式で表す
著作名: かたくり工務店
16,317 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

原子・分子を表すのに、いちいち「水素の原子が~」、「水の分子が~」と書くのは面倒です。その面倒をなくすために原子には、それぞれアルファベットが割りふられています。分子もこのアルファベットを使って表すことができます。

名前原子分子
水素
酸素
窒素
炭素
二酸化炭素


例えばH2は、水素原子が2こ集まって1つの水素分子を作っていると考えます。この分子を表す記号のことを化学式と言います。

化学式を書くとき、原子の数が1個ですむときは原子を表すアルファベットをそのまま書きます。(H2O)。原子の数が2つ以上あるときは、アルファベットの横に、下つき文字でその数を書きます。(H2O)。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学理科