manapedia
炭酸水素ナトリウムの熱分解
著作名: かたくり工務店
151,834 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

炭酸水素ナトリウムの分解

炭酸水素ナトリウムの分解は、定期テストによく出されるところですので、しっかりとみていきましょう。

炭酸水素ナトリウムを加熱すると、炭酸ナトリウム(炭酸ソーダとも言う)とと、二酸化炭素が発生します。

発生した物質の確認

ALT


図のように炭酸水素ナトリウムを加熱して、発生した気体を石灰水の中に通してみます。すると石灰水は白くにごります。石灰水を白くにごらす気体は二酸化炭素でしたね。このことから、発生した気体には二酸化炭素が含まれていることがわかります。

また、このときに液体も発生するのですが、発生した液体を塩化コバルト紙につけると、塩化コバルト紙が赤色に変化することから、この液体は水であることがわかります。

熱したあとには、白い粉が残ります。これが炭酸ナトリウムです。炭酸ナトリウムは、フェノールフタレイン溶液につけると、溶液を濃い赤色にそめるという特徴があります。ちなみに、炭酸水素ナトリウムは、フェノールフタレイン溶液をうすい赤色に染めます。

炭酸水素ナトリウム→炭酸ナトリウム+水+二酸化炭素



発生する物質確認方法
炭酸ナトリウムフェノールフタレイン溶液を濃い赤色の染める
塩化コバルト紙を赤色に染める
二酸化炭素石灰水を白くにごらす


※試験管を割らないために、熱するときは試験管をかたむけるように気をつけましょう。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学理科