manapedia
命令文の文型と否定の命令文のつくり方
著作名: じょばんに
3,197 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

命令文

相手に"~しなさい"という表現のことを命令文と言います。

Get out from here.

・ここから出て行きなさい

のように、強い口調のものもあれば、

Go ahead.

・お先にどうぞ

のように、やわらかいニュアンスを伝えるものもあります。

命令文のスタイル

命令文は、主語を省略して、動詞の原形で始まります。動詞の原形とは、一般動詞の原形だけではなくBe動詞の原形も含みます。

Do your best.

・ベストをつくしなさい

Be honesty.

・正直でいなさい

命令文の否定

"~するな"や"~してはいけません"のような禁止を表すときも命令文を使います。例えば

Don't run.

・走ってはいけません

Don't be shy.

・恥ずかしがるな

禁止の命令文をつくるときは、文の頭に"Don't"をつけます。

Don't+動詞の原形が命令文の否定の形


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学英語