manapedia
武士が登場したのはいつ頃か
著作名: 早稲男
12,603 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

武士の台頭

貴族の華やかな生活に注目されがちな平安時代ですが、この時代に武士も誕生してたことをみなさんはご存知でしょうか。

台頭の背景

奈良時代に出された墾田永年私財法によって、土地の開拓は急速に進みました。開拓した分だけ自分の土地になるのですから、農民も気合が入ったでしょう。
しかしながら、せっかく開墾をしても力のないものは土地を強奪される危険がありました。

そこで農民たちが考えたのが、貴族や豪族に土地を寄進する方法です。
つまり、「この土地は貴族の○○さんの後ろ盾があります」とすることで、土地を強奪されないようにしたのです。
もちろんただではありません。貴族に対して年貢を納めることで農民たちは守ってもらっていました。

一方で当時貴族には、不輸・不入の権という権利が保証されていました。これは貴族が所有する自分の土地に対しては、税金がかからないというものです。
こういった背景もあり、貴族と農民の利害が一致して土地を寄進することが流行ったのです。

しかし考えてみてください。
この仕組の肝心なところは、農民が本来ならば国に納めなければならない米を、貴族に納めるようにしたという点です。この結果、国の財政は枯渇し、治安もまた悪くなってきます。

そこで自分たちの身は自分たちで守ろうと、体を鍛えはじめる貴族が登場します。武芸に秀でた貴族のことを軍事貴族といいますが、これが武士の始まりではないかと言われています。(諸説あるようですが)

中でも有力だったのが、桓武天皇の血を引く平氏と、清和天皇の血を弾く源氏です。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






日本史