manapedia
三平方の定理の証明
著作名: じょばんに
12,836 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

三平方の定理

ALT

図のような直角三角形があるとき、a²+b²=c²となるのが三平方の定理でした。では、なぜそうなるのかを証明してみましょう。

三平方の定理の証明

ALT



図のように、正方形ABCDの中に、正方形EFGHが入っています。また、△AEH、△DHG、△CGF、△BFEは合同な三角形で、それぞれの辺の長さがa、b、cとなっています。

このとき正方形ABCDの面積は、

(a+b)×(a+b)=(a+b)²=a²+2ab+b² 
-①

と表せます。また、
正方形ABCD=△AEH+△DHG+△CGF+△BFE+正方形EFGH

でもあるので、次のように表すこともできます。

1/2×a×b+1/2×a×b+1/2×a×b+1/2×a×b+c×c=2ab+c² 
-②

①と②の面積が等しいことから①=②が成り立ちます。

a²+2ab+b²=2ab+c²

この式を整理するとa²+b²=c²が求まりますね。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学数学