manapedia
直線の方程式y=ax+bの求め方
著作名: じょばんに
64,676 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

直線の方程式を求める方法

直線の傾きか切片がわかっているパターン

【問題】
直線y=2x+bが、点(2,5)を通る時、この直線の方程式を求めよ


◆ポイント
直線の傾き、もしくは切片の値のどちらかがわかっている場合、与えられた式に、与えられたxとyの値を代入することで、直線の方程式を求めることができます。


直線y=2x+bが、点(2,5)を通ることより、x=2、y=5をこの方程式に代入する。

5=2×2+b
5=4+b
b=1

以上より、求める直線の方程式はy=2x+1

直線が通る2つの点の座標がわかっているパターン

【問題】
とある直線が点A(1,2)と点B(2,4)を通るとき、この直線の方程式を求めよ


◆ポイント
直線が通る2つの点の座標がわかっている場合は、まず直線の傾きを求めます。


求める直線の方程式をy=ax+bとします。このときaの値は

a=yの増加量÷xの増加量

で求めることができます。(ここがわからない場合は、変化の割合を復習してみましょう)

yの増加量=4-2=2
xの増加量=2-1=1

よってa=2÷1=2となり、直線の方程式は、y=2x+bとまで求まりました。あとは点Aか点Bの値をこれに代入して、bの値を求るだけです。
この直線は点A(1,2)を通ることから、x=1、y=2を代入します。

2=2×1+b
b=0

よって求める直線の方程式は、y=2x+0、すなわちy=2xとなります。

答えがあっているか確認するためには、点A(1,2)、点B(2,4)の値をそれぞれ求めた直線の方程式に代入してみて、その式が成り立つかどうかを確認すればOKです。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学数学