manapedia
y=ax+bのグラフと、切片と傾きの意味
著作名: じょばんに
135,912 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

1次関数の切片と傾き

1次関数y=ax+bのグラフを描いてみましょう。

ALT


a>0のときは、①のグラフのように右上がりの直線に、a<0のときは②のグラフのように右下がりの直線となりました。

y=ax+bのグラフは必ず、(0,b)を通ります。これはy軸上の点であり、この点のことを"y=ax+bの切片"と言います。

またaは、y=ax+bにおいてxが1変化したときにyがどれだけ変化したのかを表します。、つまり変化の割合と同じ値となります。この値のことを"直線y=ax+bの傾き"と言います。

直線y=ax+bにおいて、"y軸との交点のy座標が切片"、"変化の割合の値が傾き"となる。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学数学