manapedia
1次関数の変化の割合の求め方
著作名: じょばんに
44,975 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

変化の割合

1次関数の単元では、xが増加したのに対して、yがどれだけ増加したのかを考えていきます。この割合のことを、変化の割合と言い、次の計算式で求めます。

変化の割合=yの増加量÷xの増加量


例えば、xの値が0から3に変化したときに、yの値が3から9に増加したとしましょう。xの増加量は、3-0=3、yの増加量は9-3=6なので、この場合の変化の割合は

6÷3=2

となります。この変化の割合は、xが1変化するときにyがどれだけ変化したのかを示す数字でもあり、関数の単元では必ず必要になってくることですので、しっかりと覚えておきましょう。

練習問題

xが-5から-3に変化したときに、yは-1から7に変化した。このときの変化の割合を求めよ。


xの増加量は、-3-(-5)=-3+5=2
yの増加量は、7-(-1)=7+1=8

よって変化の割合は、8÷2=4となります。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学数学