manapedia
角柱と角錐の体積の求め方
著作名: じょばんに
66,455 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

角柱と角錐の体積を求める公式

角柱と角錐の体積を求めるための公式があります。

角柱の体積=底面積×高さ
角錐の体積=底面積×高さ×1/3


これは円柱や円錐のときも同じで、円柱の体積は、「底面の円の面積×高さ」、円錐の体積は、「底面の円の面積×高さ×1/3」で求めることができます。

練習問題

三角柱の体積

底面積が4cm²、高さが5cmの三角柱の体積を求めなさい


わかりやすく考えるために、まずは三角柱を描いてみましょう。
ALT

底面の三角形の面積が4cm²、高さが5cmですので、先ほどの公式にあてはめて計算をします。



が求める体積となります。

円柱の体積

底面の半径が3、高さが4の円錐の体積を求めなさい

設問を図にすると、次のようになります。
ALT


先ほどの公式を使うために、まずは円の面積を求めましょう。

円の面積は


あとは、公式にあてはめるだけです。


これが求める体積となります。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学数学