manapedia
高校受験の入試問題によく出る!扇の面積を使った応用問題
著作名: じょばんに
22,720 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

扇の面積を使った応用問題

扇の面積を使った応用問題にチャレンジしてみましょう。
次の図形は、1辺が4cmの正方形の中に扇が組み合わさったものである。斜線部分の面積を求めよ。


ALT


◆ポイント
ABCの面積をもとめるために、「正方形OABCから扇OACの面積をひく」という発想ができるかが、この問題を解くためのポイント。


面積をもとめるABCの部分は、何ともいえない形をしています。このような図形の面積をもとめる公式なんて習っていませんよね。(もちろん、この図形の面積をもとめる公式なんてありません。)そのためにアプローチ方法をかえて考えてみます。

図をよく見てみると、ABCは正方形OABCから、扇OACをひいた残りの面積であることがわかります。

正方形OABCの面積

問題より、OABCは正方形なので、OA=OC=4cmであることがわかります。
よってこの正方形の面積は、

4×4=16

扇の面積

正方形OABCより、∠AOC=90°であることがわかりますね。
つまり、扇OACの中心角が90°ということです。あとは、扇の面積をもとめる公式を使いましょう。



以上のことから求める面積は、16-4πとなります。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学数学