manapedia
π(パイ)を使って円周と円の面積をもとめてみよう
著作名: じょばんに
63,205 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

π(パイ)を使って円周と円の面積をあらわす方法

小学校のときは、円の周りの長さ(円周)は、円の直径×円周率、円の面積は、半径×半径×円周率でもとめていましたね。(円周率は"3.14"や、"およそ3"や"3"をつかっていた人が多いでしょう。)

中学校では、円周率のことを"π"(パイ)で、円の半径を""と表します。そして

円周=2×r×π=2rπ
円の面積=r×r×π=πr²


とします。

練習問題

半径が3の円の円周とその円の面積をもとめてみましょう


先ほどの公式をつかってもとめます。半径=r=3なので、これを代入して

円周=2×3×π=6π

円の面積=3×3×π=9π

※πが答えに残っていても問題がないというのが新しい点ですね。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学数学