manapedia
ウィーン体制④ ~フランス七月革命・二月革命とウィーン体制の崩壊~
著作名: エンリケ航海王子
31,510 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

ALT

ウィーン体制時代のフランスの状況

ギリシア独立によるナショナリズムの高揚は、ヨーロッパ各地に広がり、ウィーン体制に動揺を与えました。

フランスでも七月革命という革命が起こり、ウィーン体制は次第に崩壊していくんですが、まずはじめに、ナポレオン後のフランスがどういった状況だったか見てみましょう。

フランス復古王政

ナポレオンの退位後、フランスでは亡命していたルイ16世の弟ルイ18世(在位1814~1824)が即位し、ブルボン朝が復活しました。これを復古王政(1814~1830)といいます。

ALT

(ルイ18世)

この復古王政は絶対王政ではなく、1814年憲章に基づいた立憲君主制でした。


ルイ18世は即位した後、ブルジョワジーですら参政権のない極端な制限選挙制を実施し、反動的な政治を行いました。

ルイ18世の没後、その弟シャルル10世が即位すると、彼は亡命貴族聖職者を保護し、多額の保証金を支払うなど反動政治を更に進めます。

ALT

(シャルル10世)

シャルル10世は反動政治に対する国民の不満をそらすため、北アフリカのアルジェリアに出兵し、アルジェリアの民族指導者アブドゥル=カーディルを屈服させ、ここをフランスの植民地にしました。

1ページ
前ページ
1/4
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史