manapedia
『画竜点睛』 書き下し文・わかりやすい現代語訳(口語訳)と文法解説
著作名: 走るメロス
236,786 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

『画竜点睛』

ここでは、「最後の仕上げが不十分で肝心なところがかけている」という意味の「画竜点睛を欠く」ということわざの由来となった故事、画竜点睛の書き下し文、そして現代語訳を記しています。

白文(原文)

張僧繇、呉中人也。
武帝崇飾仏寺、多命僧繇画之。

金陵安楽寺四白竜、不点眼睛。
毎云、点睛即飛去。

人以為妄誕、固請点之。須臾雷電破壁、両竜乗雲、騰去上天。
二竜点眼者見在

書き下し文

張僧繇(ちょうそうよう)は、呉中(ごちゅう)の人なり。
武帝仏寺を崇飾(すうしょく)し、多く僧繇に命じて之を画(ゑが)かしむ。

金陵の安楽寺の四白竜は、眼睛を点ぜず。毎(つね)に云う、

「睛(ひとみ)を点ぜば即ち飛び去らん、と。」


人以つて妄誕と為し、固く之を点ぜんことを請ふ。須臾(しゅゆ)にして雷電ありて、壁を破り、両竜雲に乗り、騰(をど)りして上天に去る二竜の未だ眼を点ぜざる者見在す

※「騰(をど)りして上天に去る」は、「騰去(とうきょ)して天に上(のぼ)る。」とする解釈もあります。
※「二竜の未だ眼を点ぜざる者見在す」、は、「二竜の未だ眼を点ぜざるものは、見(げん)に在り」とする解釈もあります。

次ページ:現代語訳(口語訳)


1ページ
前ページ
1/3
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。