manapedia
古今著聞集『刑部卿敦兼と北の方』わかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
85,991 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

古今著聞集 『刑部卿敦兼と北の方』

ここでは、古今著聞集の中の『刑部卿敦兼と北の方』の品詞分解をしています。書籍によては『刑部卿敦兼の北の方』や『敦兼の北の方』と題するものもあるようです。

原文(本文)

刑部卿敦兼(ぎやうぶきやうあつかね)は、みめのよに憎さげなる人なりけり。その北の方はなやかなる人なりけるが、五節(ごせち)を見侍りけるに、とりどりにはなやかなる人々のあるを見るにつけても、まづわが男の悪さ心うくおぼえけり。

家に帰りて、すべてものをだにもいはず、目をも見合わせず、うちそばむきてあれば、しばしはなにごとの出で来たるぞやと、心もえず思ひゐたるに、次第に厭(いと)ひまさりてかたはらいたきほどなり。さきざきのやうに一所にもゐず、(かた)を変へて住み侍りけり。

ある日、刑部卿出仕して、夜に入りて帰りたりけるに、出居(いでい)に灯をだにもともさず、装束(さうぞく)は 脱ぎたれども、たたむ人もなかりけり。女房どもも、みな御前目びきに従ひて、さし出づる人もなかりければ、せんかたなくて、車寄せの妻戸を押し開けて、ひとりながめゐたるに、更たけ、夜静かにて、月の光風の音、物ごとに身にしみわたりて、人の恨めしさも、取り添へておぼえけるままに、心を澄まして、篳篥(ひちりき)を取り出でて、時の音に取り澄まして、

ませのうちなる白菊も 移ろふ見るこそあはれなれ
われらが通ひて見し人も かくしつつこそかれにしか

と、繰り返し歌ひけるを、北の方聞きて、心はや直りにけり。それより殊(こと)に 仲らひめでたくなりにけるとかや。優なる北の方の心なるべし。

現代語訳(口語訳)

刑部卿敦兼は、容姿が実に醜い人でした。刑部卿の奥さんは綺麗な人でしたが、五節(での舞)をご覧になったときに、いろいろと美しい人々を見るにつけても、まずは自分の夫の容姿が悪いことを深いに思っていました。そして以前のように同じ場所にも一緒におらずに、場所を変えてお住まいになりました。

家に帰っても、全く物を言わず、目もあわせようとせず、そっぽを向いていたので、(刑部卿)はしばらくの間は何が起こったのかとわけがわからなくなっていたのだが、次第に(奥さんは、刑部卿のことが)いやだと思う気持ちが強くなってきて、腹立たしくなっていました。そして以前のように、同じ場所にもいようとせず、場所を変えてお住みになられました。

ある日、刑部卿が出勤して、夜にお帰りになさったときに、(奥さんは)出居に灯すらともさないで、(刑部卿が)が服を脱いだのですが、誰もたたむ人はいませんでした。女房たちもみな奥さんが(何もしなくてよいと)目配せするのに従って、刑部卿の前にでてくる人もいなかったので、(、刑部卿は)することがなく、車を寄せる部屋の戸を押し開けて、一人で物思いにふけっているいたところ、夜もふけて、静まり返り、月の光や風の音、すべての物が身にしみわたって、奥さんへの恨めしさも加わって思われることにまかせて、心を澄まして篳篥を取り出して、このシチュエーションにあった音を出して、

垣根の内側にある白菊も、色あせていく様子を見るのは物寂しく感じる。
私が通って結婚した人も、このように枯れてしまった(私の心から離れてしまった)

と繰り返し歌っていたのを、北の方が聞いて、心がすぐにもとに戻っていかれた。それから、特に夫婦仲がよくなっていったということです。優雅な北の方の心なのでしょう。

次ページ:品詞分解・単語文法解説とテストに出題されそうな問題


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。