manapedia
『奥の細道 最上川』 わかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
9,759 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは、奥の細道の中の『最上川』の現代語訳と解説を行っています。

原文

最上川は、陸奥(みちのく)より出でて、山形を水上とす。ごてん・はやぶさなど云おそろしき難所あり。板敷山の北を流て、果ては酒田の海に入る。左右山覆ひ、茂みの中に船を下す。是に稲つみたるをや、いな船といふならし。白糸の瀧は青葉の隙々に落ちて、仙人堂、岸に臨て立つ。水みなぎつて舟あやうし。

五月雨をあつめて早し最上川


現代語訳

最上川は、陸奥から流れ出て、山形を上流とする川です。碁点・隼などという恐ろしい難所がある。板敷山の北側を流れ、最後には酒田の海に入っていく。左右を山に覆われ、茂みの中に舟を(下流に)流す。この舟に稲を積んだものを、「いな舟」と呼ぶらしい。白糸の滝は青葉の間間に流れ落ちており、仙人堂は岸に臨んで立っている。水の勢いが強く、舟が危うくなることがあった。

五月雨として降った雨が最上川に流れ込んで、水の勢いを増していることよ



単語・解説


水上上流
ならし断定の助動詞「なり」の連体形+推定の助動詞「らし」が「なるらし」となり変化したもの
五月雨「さみだれ」と読む。この句の季語。5月に降る雨ということで季語を「春」としがちだが、旧暦で5月は「夏」にあたることに注意




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。