manapedia
土佐日記『大津より浦戸へ(亡き児をしのぶ)』 わかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
38,183 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

『大津より浦戸へ(亡き児をしのぶ)』

このテキストでは、紀貫之が書いた土佐日記の『大津より浦戸へ(亡き児をしのぶ)』の現代語訳と解説を行っています。

原文

二十七日。大津より浦戸をさして漕ぎ出づ。かくあるうちに、京にて生まれたりし女児、国にてにはかに失せにしかば、このごろの出で立ちいそぎを見れど、なにごとも言はず、京へ帰るに、女児のなきのみぞ悲しび恋ふる。ある人々もえ堪へず。この間に、ある人の書きて出だせる歌、

都へと思ふをものの悲しきは帰らぬ人のあればなりけり


またある時には、

あるものと忘れつつなほなき人をいづらと問ふぞ悲しかりける


現代語訳

27日。大津から浦戸を目指して船を漕ぎ出す。このように慌しくしているうちに、京都で生まれた女の子が、赴任先で急になくなってしまったので、ここ数日の出発の準備を急ぐ様子をみても言葉もでない。京都に帰るにあたって、女の子が亡くなってしまったことばかりが恋しくて悲しい。そこにいる人たちも堪え難くしている。この間にとある人が書いて詠んだ歌。

いざ都へ帰ろう!と思うけれどもの悲しく感じるのは、帰ってこない人がいるからであろう


またあるときには(次のような歌を詠んだ。)

まだ生きていると思って亡くなってしまった人に「どこにいるの?」と問いかけてしまうことが悲しい


次ページ:品詞分解と単語解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。