manapedia
『旅夜書懐(旅夜懐ひを書す)』 杜甫 書き下し文・現代語訳(口語訳)と文法解説
著作名: 走るメロス
30,900 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは、杜甫の詠んだ「旅夜書懐」の書き下し文、そして現代語訳を記しています。「旅夜懐ひを書す」を現代語訳するならば、「旅の途中に思ったことを記す」といったところでしょうか。

白文(原文)

左から右に読んでください

細 草 微 風 岸
危 檣 独 夜 舟
星 垂 平 野 闊
月 湧 大 江 流
名  文 章 著
官 応 老 病 休
飄 飄 何 所 似
天 地 一 沙 鴎



書き下し文

細草 微風の岸

危檣(きしょう) 独夜の舟

星垂れて 平野 闊(ひろ)く

月湧いて 大江 流る

名は豈(あ)に文章もて著(あらわ)れんや

官は応に老病にて休(や)むべし

飄飄(ひょうひょう) 何の似る所ぞ

天地の一沙鴎(いちさおう)

現代語訳


小さな草が、かすかな風にたなびいている岸辺

高い帆柱のある舟に乗って、一人で夜を過ごしていた

星は広大な平野に垂れるように輝き

月は水面に映って長江は流れている

人の名声は、どうしてその人が書いた物によって表れるものだろうか、いや違う

(名声は官職であげるものだろうが)官職は、年老いて病気がちになれば辞するのが当たり前だろう

さまよっている様は何に似ているのだろうか

それは天地の間を飛ぶ、砂場にいる一羽のかもめのようだ

単語・解説


危檣高い帆柱
大江長江のことを指す
「~だろうか、いや~でない」と反語の意味
飄飄さまよう様
沙鴎砂場にいるかもめ




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。