manapedia
平家物語『能登殿最期』(今はかうと思はれければ~)わかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
146,141 views
平家物語『能登殿最期』の現代語訳と解説

ここでは、平家物語『能登殿最期』の「今はかうと思はれければ~」から始まる部分の現代語訳(口語訳)とその解説を記しています。書籍によっては「壇ノ浦の合戦」と題するものもあるようです。

あらすじ

このシーンは、壇ノ浦の戦いでの一場面です。能登殿(平教経)は、源氏の総大将であった源義経を討つため、義経の舟に飛び乗り、襲いかかります。しかし義経は、6mほど離れた別の舟に飛び逃げてしまいました。取り残された能登殿のまわりを源氏が囲み、能登殿が「もはやこれまで」と覚悟を決めたところからのお話です。

※前回のテキスト:「およそ能登守教経の矢先に〜」の現代語訳・口語訳と解説

原文

今はかうと思はれければ、太刀・長刀海へ投げ入れ、甲も脱いで捨てられけり。鎧の草摺(くさず)りかなぐり捨て、胴ばかり着て、大童になり、大手を広げて立たれたり。およそあたりを払つてぞ見えたりける。恐ろしなんどもおろかなり。能登殿、大音声をあげて、

「われと思はん者どもは、寄つて教経に組んで生け捕りにせよ。鎌倉へ下つて、頼朝に会うて、ものひと言言はんと思ふぞ。寄れや、寄れ。」


のたまへども、寄る者一人もなかりけり。
ここに、土佐国の住人、安芸郷を知行しける安芸大領実康(あきのだいりょうさねやす)が子に、安芸太郎実光(あきのたろうさねみつ)とて、三十人が力持つたる大力の剛の者あり。にちつとも劣らぬ郎等一人、弟の次郎も普通には優れたる(※1)したたか者なり。安芸太郎、能登殿を見奉つて申しけるは、

いかに猛うましますとも、われら三人取りついたらんに、たとひたけ十丈の鬼なりとも、などか従へざるべき。」


とて、主従三人小舟に乗つて、能登殿の船に押し並べ

「えい。」


と言ひて乗り移り、甲のしころを傾け、太刀を抜いて、一面に打つてかかる。能登殿のちつとも騒ぎたまはず、まつ先に進んだる安芸太郎が郎等を、裾を合はせて、海へどうど蹴入れたまふ。続いて寄る安芸太郎を、(※2)弓手の脇に取つてはさみ、弟の次郎をば(※3)馬手の脇にかいばさみ、ひと締め締めて、

「いざ、(※4)うれさらばおのれら、(※5)死出の山の供せよ。」


とて、生年二十六にて、海へつつとぞ入りたまふ。

※つづき:「新中納言、見るべきほどのことは見つ〜」の現代語訳

現代語訳

最早これまでと思われたので、太刀と長刀を海に投げ入れて、兜も脱いでお捨てになられた。鎧の草摺りを強く掴んで引っ張り捨て、胴(の武具)だけ着て、ザンバラ髪になり、大手を広げて立っていらっしゃった。(その姿は)おしなべて(周囲を)追いのけて(近寄りがたく)みえたのであった。恐ろしいなどという言葉では言い尽くせない。能登殿は、大声で

「我こそはと思う者は、近寄って教経と組んで生け捕りにせよ。(捕虜として)鎌倉に行き、頼朝に会って、一言物申してやろうと思うぞ。寄ってこい、寄ってこい。」


とおっしゃるのだが、寄る者は一人もいなかった。
さて、土佐の住人で、安芸郷を支配した安芸大領実康の子で、安芸太郎実光といって、三十人力の怪力の持ち主がいる。自分に少しも劣らない家来を一人(従え)、弟の次郎も人並みに優れた剛の者である。安芸太郎が、能登殿を見申し上げて申したことには

「いくら勇ましくていらっしゃっても、我ら三人が組み付いたなら、例え背丈が十丈の鬼であっても、どうして服従させないないことがあろうか、いやそうさせるつもりだ。」


といって、主従三人で小舟に乗り、能登殿の舟に(自分たちの舟を)強引に並べて、

「えい。」


と言って乗り移り、兜のしころを傾けて、太刀を抜き、(三人で)いっせいに討ってかかる。能登殿は少しもお騒ぎにならずに、真っ先に進んできた安芸太郎の家来を、裾と裾が合うほど引き寄せてから、海にどっと蹴り入れなさる。続いて近寄ってくる安芸太郎を左手の脇に挟み、弟の次郎を右手の脇に挟んで、一回締め上げて、

「さあ、お前ら、それではお前らが、死出の山を超える旅の供をしろ。」


と言って、享年二十六歳で、海の中へさっとお入りになられた。

※つづき:「新中納言、見るべきほどのことは見つ〜」の現代語訳

次ページ:品詞分解と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。