manapedia
『登楽遊原(楽遊原に登る)』 李商隠 書き下し文・現代語訳(口語訳)と文法解説
著作名: 走るメロス
8,472 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは、李商隠の詠んだ「登楽遊原」の書き下し文、そして現代語訳を記しています。

白文(原文)

左から右に読んでください

向 晩 意 不 適
駆  登 古 原
夕 陽 無 限 好
只 是 近 黄 昏


書き下し文

晩(くれ)に向(なんな)むとして 意(こころ)適(かな)はず

車を駆(か)りて 古原に登る

夕陽 無限に好し

只だ是れ 黄昏に近し

現代語訳

夕暮れになると、心が満たされなくなって

馬車を走らせて古原に登った。

そこから見える夕日は限りなく素晴らしいのは

黄昏がすぐそこに迫っているからだ。

※車古文だと車は「牛車」を指すが、漢文では「馬車」のことを指す



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。