manapedia
方丈記『安元の大火・大火とつじ風(予、ものの心を知れりしより〜)』わかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
142,541 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

方丈記『安元の大火』

このテキストでは、鴨長明が書いた方丈記の中の、「安元の大火」の現代語訳をしています。書籍によっては「大火とつじ風」とするものもあるようです。

原文

予(われ)、ものの心を知れりしより、四十(よそぢ)あまりの春秋を送れる間に、世の不思議を見ること、ややたびたびになりぬ。

いんじ安元三年四月二十八日かとよ。
風激しく吹きて、静かならざりし夜、戌の時ばかり、都の東南(たつみ)より火出で来て、西北(いぬゐ)に至る。果てには朱雀門(すざくもん)、大極殿(だいごくでん)、大学寮、民部省などまで移りて、一夜のうちに塵灰(ぢんくわい)となりにき

火(ほ)もとは、樋口富小路(ひぐちとみのこうぢ)とかや。舞人(まひびと)を宿せる仮屋より出で来たりけるとなん。吹き迷ふ風に、とかく移りゆくほどに、扇を広げたるがごとく末広になりぬ。遠き家は煙にむせび、近きあたりはひたすら炎を地に吹きつけたり。空には灰を吹きたてたれば、火の光に映じて、あまねく紅なる中に、風に堪へず、吹き切られたる炎、飛ぶがごとくして、一、二町を越えつつ移りゆく。

その中の人、うつし心あらん。あるいは煙にむせびて倒れ臥し、あるいは炎にまぐれてたちまちに死ぬ。あるいは身一つ辛うじてのがるるも、資財を取り出づるに及ばず。七珍万宝さながら灰燼(かじん)となりにき。その費(つひ)え、いくそばくぞ。
そのたび、公卿(くぎやう)の家十六焼けたり。まして、そのほか数へ知るに及ばず。すべて都のうち、三分が一に及べりとぞ。男女死ぬるもの数十人。馬牛のたぐひ辺際を知らず

人の営み、みな愚かなる中に、さしも危ふき京中の家を作るとて、財(たから)を費やし、心を悩ますことは、すぐれてあぢきなくぞはべる。

現代語訳

私が物事の道理を理解するようになったときから、四十年以上の年月を過ごしてきた間に、この世の不思議な出来事を見ることが、だんだんと増えてきた。

さる安元三年四月二十八日だったであろうか。
風が激しく吹いて、静かではなかった夜、午後8時ごろのこと、都の東南から出火して、西北の方角に火が広がった。最終的には朱雀門、大極殿、大学寮、民部省などまで火がうつって、一晩のうちに灰となってしまった。

火元は、樋口富小路あたりということだ。舞人を泊まらせていた仮小屋から出火したのだそうだ。吹き乱れる風にあおられて、あちこちに火がうつっていくと、まるで扇を広げたかのように火が末広がりになった。遠くの家は煙でむせび、近くの家は炎を地面に吹き付けたようになっている。空には灰が風で吹き上がっており、それが炎の光を照り映えてあたり一面が真っ赤になっている中に、風の勢いに逆らいきれずに吹きちぎれた炎が、まるで飛ぶように、一町も二町も超えては燃えうつっていく。

火事の最中にいる人たちは、どうして正気でいられるだろうか、いやいられるはずがない。ある人は煙にむせて倒れふし、またある人は炎に目がくらんで、あっという間に死んでしまう。またある人は、体ひとつでやっとのことで逃げ出したものの、資材を持ち出すことができない。様々な貴重な財宝はすべて灰になってしまった。その損害はどれほどだっただろうか。そのとき、公暁の家が16棟焼けてしまった。まして、その他(の低い身分の人の家)については数え知ることもできない。(被害にあったのは)全体の都のうち、3分の1に達したとか。なくなった人は数十人。馬や牛などはどれほど被害にあったのか、数え切れない。

人の営みはみな愚かなものであるが、その中でもこれほど危険な都の中に家を作り財産を費やして、神経をすり減らすことは、この上なくする甲斐のないことである。

次ページ:品詞分解・単語と文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。