manapedia
『晏子之御(晏子の御)』 史記 書き下し文・わかりやすい現代語訳(口語訳)と文法解説
著作名: 走るメロス
152,599 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

『晏子之御(晏子の御)』

ここでは、史記の中の一節、「晏子之御」の一部分を抜粋して、書き下し文と現代語訳、そして文法の解説を行っています。

白文(原文)

晏子為斉相。出、其之妻、従門間闚其夫。

其夫為相御、擁大蓋策駟馬、意気揚揚、甚自也。

既而帰。其妻請去。夫問其故。妻曰、

「晏子長不満六、身相斉国、名顕諸侯。今者、観其出、志念深。常有以自下者。今、子長八尺、乃為人僕御。然子之意自以為足。妾是以求去也。」


其後夫自抑損。
晏子怪而問之。御以実対。晏子薦以為大夫

書き下し文

晏子斉の相と為る。出づるに、其の御の妻、門間よりして其の夫を闚(うかが)ふ。其の夫相の御と為り、大蓋を擁し、駟馬に策ち、意気揚揚として甚だ自得するなり。

既にして帰るや、其の妻去らんことを請ふ。夫 其の故を問ふ。妻曰はく

「晏子は長(たけ)六尺に満たざるに、身斉国に相たりて、名諸侯に顕(あらは)る。今者(いま)、妾(せふ)其の出づるを観るに、志念深し。常に以つて自らを下(くだ)る者有り。今子は長八尺なるに、乃ち人の僕御(ぼくぎょ)と為る。然れども子の意、自ら以つて足れりと為す。妾是を以つて去らんことを求むるなり」と。


其の後夫自ら抑損す。
晏子怪(あや)しみて之を問ふ。御 実を以つて対(こた)ふ。晏子薦めて以て大夫と為す。

次ページ:口語訳( 現代語訳)


1ページ
前ページ
1/3
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。