manapedia
『五月五日、賀茂の競べ馬を』 徒然草 わかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
43,376 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは、兼好法師が書いた徒然草の中の「五月五日、賀茂の競べ馬を」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。

原文

五月五日、賀茂の競べ馬を見侍りしに、車の前に雑人立ち隔てて見えざりしかば、おのおの下りて、埒(らち)きはに寄りたれど、殊に人多く立ち込みて、分け入りぬべきやうもなし。

かかる折に、向ひなる楝(あふち)の木に、法師の、登りて、木の股についゐて、物見るあり。取りつきながら、いたう睡りて、落ちぬべき時に目を醒ます事、度々なり。これを見る人、あざけり あさみて、

「世のしれ者かな。かく危き枝の上にて、安き心ありて睡るらんよ」


と言ふに、我が心にふと思ひしままに、

「我等が生死の到来、ただ今にもやあらん。それを忘れて、物見て日を暮す、愚かなる事はなほまさりたるものを」


と言ひたれば、前なる人ども、

「まことにさにこそ候ひけれ。尤(もっと)も愚かに候ふ」


と言ひて、皆、後を見返りて、

「ここへ入らせ給へ」


とて、所を去りて、呼び入れ侍りにき。かほどの理、誰かは思ひよらざらんなれども、折からの、思ひかけぬ心地して、胸に当りけるにや。人、木石にあらねば、時にとりて、物に感ずることなきにあらず。

現代語訳

5月5日、賀茂神社の競べ馬を見に行ったのだが、牛車の前に一般庶民の人たちが立ちふさがっていて競べ馬を見ることができなかったので、それぞれ牛車を降りて競馬場の柵のそばにまで寄ったのだが、人が多く立ちこんで、分け入ることもできそうにない。

そんなときに、向かいにあるセンダンの木に、法師で、登って、木の枝のまたにちょこんと座って見物している者がいる。木につかまりながらたいそう眠たい様子で、落ちそうになってから目を覚ますことが何度もあった。これを見た人々は(法師のことを)馬鹿にしてあきれた様子で

「ばか者だなぁ。あんな危ない枝の上で安心して眠るなんて」


と言っている。私は自分の心に思ったままに

「私たちに死が訪れるのは、今かもしれない。それを忘れて、何かの見物をして生活をしている。その愚かさはあの法師よりも勝っているのに。」


とつぶやいたところ、前にいた人たちが

「本当にその通りでございます。いかにも愚かですね。」


と言って、皆、私のいる後ろの方を振り向いて

「こちらへお入りください。」


と言って、場所を空けて呼び入れてくれた。これくらいの道理は誰もが思いつくことがないだろうか、いや思いつくのだろうけれど、ちょうどその時思いがけない心地がして、胸に(私のコメントが)突き刺さったのだろう。人は木や石ではないので、時に心打たれることがないわけではない。

次ページ:単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。