manapedia
『守株(株を守る)』 書き下し文・わかりやすい現代語訳(口語訳)と文法解説
著作名: 走るメロス
71,368 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

『守株(株を守る)』

ここでは、「株を守る」の書き下し文と現代語訳、そして文法の解説を行っています。守株とは、古い習慣を守って、臨機応変に物事の処理ができないことを意味することわざです。

白文(原文)

宋人有耕田者。
田中有株。兔走触株、折頸死 。
因釈其耒而守株、冀得兔。
不可復得、而身為宋国笑。

書き下し文

宋人に田を耕す者有り。
田中に株(くいぜ)有り。兔走りて株に触れ、頸を折りて死す。
因(よ)りて其の耒(すき)を釈(す)てて株を守り、復(ま)た兔を得んことを冀(こひねが)ふ。
兔復た得(う)べからずして、身は宋国の笑ひと為る。

口語訳(現代語訳)

宋の国の人で、田んぼを耕している者がいました。
ある日、畑の中にあった切り株にウサギが走ってぶつかり、首を折って死んでしまいました。
これを見たその人は持っていたすきを捨てて(農作業を辞めて)、毎日切り株をチェックし、また切り株にウサギが飛び込み、楽をしてウサギが手に入らないかと願っていました。
(もちろん)ウサギを得ることはできずに、その人は宋の国の笑い者となったということです。

単語・文法解説


文章の接続を表すもの。~して、~だけれどもの意味
またと読む。再びという意味
不可復得またえべからずと読む。「腹」は再び、「得」は得る、「不可(べからず)」は~できない



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。