manapedia
『尼、地蔵を見奉ること』 宇治拾遺物語 わかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
39,953 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは、宇治拾遺物語の中の『尼、地蔵を見奉ること』の現代語訳と解説をしています。

原文(本文)

今は昔、丹後国に老尼ありけり。地藏菩薩は暁ごとに歩き給ふといふことを、ほのかにききて、暁ごとに、地藏奉らんとて、ひと世界 まどひありくに、博打の打ち呆けていたるが見て、

「尼君は、寒きになにわざし給(たま)ふぞ」といへば、


「地藏菩薩の暁にありき給ふなるに、あひ参らせんとて、かくありくなり」といへば、


「地藏のありかせ給ふみちは、我こそ知りたれば、いざ給へ、あはせ参らせん」といへば、


あはれ、うれしき事かな。地藏のありかせ給はむ所へ、われを率ておはせよ」といへば、


「われに物をえさせ給へ。やがて率て奉らん」と云ければ、


「此着たるきぬ奉らん」といへば、


「いざ給へ」


とて、隣なる所へ率てゆく。


尼悦ていそぎゆくに、そこの子に、ぢざうと云童ありけるを、それが親を知りたりけるによりて、

「ぢざうは」


と問ひければ、親

「あそびにいぬ。いま来なん」といへば、


「くは、ここなり。ぢざうのおはします所は」


といへば、尼、うれしくて、つむぎのきぬを、ぬぎてとらすれば、博打はいそぎてとりていぬ。

尼は、地藏見参らせんとていたれば、親共は、心得ず、など此童を見むと思ふらんと思ふ程に、十ばかりなる童の来るを、

「くは、ぢざう」といへば、


尼、見るままに是非もしらず、臥しまろびて、おがみ入て、土にうつぶしたり。童、楚(すはえ)をもてあそびけるままに、来たりけるが、その楚(すはえ)して、手すさびのやうに、額をかけば、額よりかほのうへまでさけぬ。さけたる中より、えもいはず めでたき地藏の御顏見え給ふ。尼おがみ入りて、うち見あげたれば、かくてたち給へれば、涙をながしておがみ入参らせて、やがて極楽へ参りけり。

されば心にだにもふかく念じつれば、佛も見え給ふなりけると信ずべし。

現代語訳(口語訳)

今となっては昔の話ですが、丹後の国に、年老いた尼がいました。この尼さんは、地蔵菩薩が毎日明け方頃に散歩されていらっしゃるということをかすかに聞いて、歩いている地蔵様を見申し上げたいと思い、そこらじゅうを毎日明け方頃に歩き回っていました。その姿をぼんやりと座っていたばくち打ちがを見て

「尼さんは、寒い中なにをされていらっしゃるのですか。」と言いました。


尼さんが「地蔵菩薩が明け方にお歩きになっているとのことで、お会いしてお参りをしようと思い、このように歩いているのです」と答えました。


するとこのばくち打ちは、「地蔵様がお歩きになっている道を私は知っていますので、こっちへいらっしゃい。一緒にお参りしましょう。」と言いました。


尼さんは、「あぁ、なんとうれしいことでしょう。地蔵様のお歩きになっている道へ私を連れていってください。」と答えます。


するとばくち打ちは、「まずは私にほどこしをください。そうしたらお連れしましょう」と言います。


尼さんが「この着ている衣をあげましょう」と言うので


ばくち打ちは、「それでは参りましょう」


と言って、近場へと連れて行きます。尼さんは喜んで急いでついて行きます。ばくち打ちは、その家の子どもに「じぞう」という名前の子がいるのを知っていました。親が知り合いだったからです。ばくち打ちがが

「じぞうはいますか」


と聞いたところ、その親は

「遊びに行っています。もうすぐ帰ってくるでしょう」と答えました。


ばくち打ちが、「ほらここです。じぞうのいらっしゃる所は」


と言ったので、尼さんは嬉しくなって、紡ぎの着物を脱いで渡したところ、ばくち打ちは急いで受け取って帰ってしまいました。

尼さんが、じぞうを拝もうと待っていたので、親たちは理解できずに、なんで子どもを見ようと思うのだろう、と思っていた矢先に10歳ぐらいの子どもが帰ってきたのを見て

「ほら、あれがじぞうですよ」と言いました。


尼は、見るなり夢中になって、転げまわり、拝み、地面に身を伏せてしまいました。子どもは小枝を持って遊びながら帰ってきたのですが、その小枝で手の気の向くままに額をかいたところ、額から顔の上のほうまで裂けてしまいました。すると裂けた中からなんとも言えないほど素晴らしい地蔵様の顔が見えたのです。拝んでいた尼さんが顔を上げると、そこには地蔵さんが立っていらっしゃったので、尼さんは涙を流してさらに祈り、そうしているうちに極楽へと旅立ってしまいました。

このようなことがあったので、心に深く念じると、仏も顔を見せてくださったと信じるべきなのです。

次ページ:品詞分解・単語解説とテストに出題されそうな問題


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。