manapedia
『完璧』 十八史略 書き下し文・わかりやすい現代語訳(口語訳)と解説
著作名: 走るメロス
351,864 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

『完璧』

ここでは、中国の故事である「完璧」の一節の書き下し文と現代語訳・解説を書いています。このお話は、普段の生活でよく使う「完璧」という言葉の由来になったものです。

白文(原文)

趙恵文王、嘗得楚和氏璧。
秦昭王、請以十五城易之。欲不与畏秦強、欲与恐見欺。
藺相如曰

「願奉璧往。城不入則臣請、完璧帰。」


既至。
王無意償城。相如乃紿取璧、怒髪指冠、却立柱下曰、

「臣頭与璧倶砕。」


遣従者懐璧間行先帰、身待命秦。
秦昭王賢而帰之。

書き下し文

趙の恵文王、嘗(かつ)て楚の和氏の璧を得たり。

秦の昭王、十五城を以つて之に易へんことを請ふ。
与へざらんと欲すれば、秦の強きを畏れ、与へんと欲すれば、欺かるるを恐る。

藺相如(りんしゃうじょ) 曰はく、

「願はくは、璧を奉じて往かん。 城入らずんば、則ち臣請ふ璧を完(まっと)うして帰らん。」と。


既に至る。

秦王城を償ふに意無し。
相如乃ち紿きて璧を取り、怒髪冠を指す。柱下に卻立(きゃくりつ)して曰はく、

「臣が頭は璧と倶に砕けん」と。


従者をして璧を懐(いだ)きて間行して先づ帰らしめ、身は命を秦に待つ。
秦の昭王、賢として之を帰らしむ。

次ページ:口語訳(現代語訳)


1ページ
前ページ
1/3
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。