manapedia
『楓橋夜泊』 張継 書き下し文・現代語訳(口語訳)と文法解説
著作名: 走るメロス
50,041 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは、中国の役人で詩人でもあった張継の「楓橋夜泊」の書き下し文、そして現代語訳を記しています。この漢詩は、役人の試験に落ちてしまった張継が、国に帰るために乗った船で詠まれたものです。落第したショックで眠れずに、ふと船外に出たときの明け方の情景をキレイに詠んだ作品です。

七言絶句と押韻

この詩は、7つの漢字からなる句が5行続く、七言絶句の形をしています。 1句目の天、2句目の眠、4句目の船が韻を踏んでいますが、このことを押韻と言います。

白文(原文)

左から右に読んでください

月 落 烏 啼 霜 満 天
江 楓 漁 火 對 愁 眠
姑 蘇 城 外 寒 山 寺
夜 半 鐘 声 到 客 船


書き下し文

月落ち 烏 啼きて 霜 天に満つ

江楓(こうふう)漁火(ぎょか) 愁眠に対す

故蘇城外の寒山寺

夜半の鐘声(しょうせい)客船(かくせん)に到る

現代語訳

月が西に傾き夜もふけたころに、カラスが鳴き、辺りには霜の寒気が満ちあふれている

川辺の楓やいさり火(※)が、眠れずにいる私の目に飛び入ってくる

故蘇城の外にある寒山寺からは

夜半を知らせる鐘の音が、この客船にまで聞こえてくる

※漁火魚をおびき寄せるためにたく火。「いさり火」と言う



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。