manapedia
『知音』書き下し文・わかりやすい現代語訳(口語訳)と文法解説
著作名: 走るメロス
252,853 views
『知音』

ここでは、呂氏春秋などに収録されている『知音』の一部分の原文(白文)、書き下し文、現代語訳(口語訳)とその解説を記しています。「知音之交」と題することもあります。

このお話は、「非常に親しい友人を失った悲しみ」を表す四字熟語「伯牙絶絃」の由来となった故事です。

白文(原文)

伯牙鼓琴、鍾子期聴之。
方鼓琴而志在太山。鍾子期曰、

「善哉乎、鼓琴。巍巍乎若太山。」


少選之間、而志在流水。鍾子期又曰、

「善哉乎、鼓琴。湯湯乎若流水。」



鍾子期死。伯牙破琴絶絃、終身不復鼓琴。
以為、世無足復為鼓琴者。

書き下し文

方鼓琴(※ⅰ)而志在太山。鍾子期曰、
伯牙(はくが) 琴を鼓し、鍾子期(しょうきし) 之を聴く。

方鼓琴(※ⅱ)而志在太山。
琴を鼓するに方(あ)たりて、志(こころざし)太山(たいざん)に在り。
(※別解釈:琴を鼓して、志太山に在るに方たりては、)


鍾子期曰、
鐘子期曰く、

「善(※ⅲ)哉乎、鼓琴。巍巍乎(※ⅳ)若太山。」
善きかな、琴を鼓すること。巍巍乎(ぎぎこ)として太山のごとし」と。


少選之間、(※ⅴ)而志在流水。
少選(しょうせん)の間(かん)にして、志(こころざし)流水に在り。

鍾子期又曰、
鐘子期又曰く、

「善哉乎、鼓琴。湯湯乎若流水。」
善きかな、琴を鼓すること。湯湯乎(しょうしょうこ)として流水のごとし。」と。



鍾子期死。伯牙破琴絶絃、終身(※ⅵ)不復鼓琴。
鐘子期死す。伯牙(はくが)琴を破り絃(げん)を断ち、終身(しゅうしん)復(ま)た琴を鼓せず。

以為、世無足復為鼓琴者。
以為(おも)へらく、世に復た為に琴を鼓するに足る者無しと。

次ページ:現代語訳(口語訳)と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。