manapedia
『春夜洛城聞笛(春夜洛城に笛を聞く)』 李白 書き下し文・わかりやすい現代語訳(口語訳)と文法解説
著作名: 走るメロス
24,115 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは、中国の詩人李白の詠んだ、「春夜洛城聞笛」の書き下し文、そして現代語訳を記しています。この詩は、7つの漢字からなる句が5行続く、七言絶句の形をしています。

白文(原文)

左から右に読んでください

誰 家 玉 笛 暗 飛 声

散 入 春 風 満 洛 城

此 夜 曲 中 聞 折 柳

何 人 不 起 故 園 情


書き下し文

誰が家の玉笛ぞ 暗に声を飛ばす

散じて春風に入りて洛城に満つ

此の夜 曲中 折柳を聞く

何人(なんびと)か起こさざらん故園(こえん)の情

現代語訳

誰かの家からだろうか。暗闇の中を笛の音色が聞こえてくる。

春の風にのって、洛陽の町に音色が広がっている。

この夜に耳にした曲の中に「折柳」があった。

(この曲を耳にして)故郷を思わない者がいるだろうか。

単語


洛城洛陽の街のこと
折柳別れの曲の代名詞
故園情「故園」は故郷を指し、故園情で「故郷を思う心」となる



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。