manapedia
『臨洞庭(洞庭に臨む)』書き下し文・現代語訳と解説(押韻・形式など)
著作名: 走るメロス
31,785 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは、孟浩然の詠んだ「臨洞庭」の書き下し文、そして現代語訳(口語訳)を記しています。この詩は、5つの漢字からなる句が8行続く、五言律詩の形をしています。

この漢詩に詠まれている洞庭湖とは、中国の湖南省にある大きな湖(琵琶湖の約4倍)のことです。
ALT


白文(原文)

左から右に読んでください

八 月 湖 水 平
涵  混 太 清
気 蒸 雲 夢 澤
波  岳 陽 城

欲 済 無 舟 楫
端 居 恥 聖 明
坐 観 垂 釣 者
徒 有 羨 魚 情


書き下し文

八月 湖水平らかなり

虚を涵(ひた)して 太清に混ず

気は蒸す 雲夢澤

波は撼(ゆる)がす 岳陽城

済(わた)らんと欲するに 舟楫(しゅうしゅう)無し

端居して 聖明に恥づ

坐(そぞ)ろに釣を垂るる者を観るに

徒(いたずら)に魚を羨むの情有り

現代語訳

8月、洞庭湖の湖面は平らかで、

湖には空が映し出されて、水平線の向こうでは、湖に映し出された空と本当の空とが交じり合っている。

雲夢の湿地からは蒸気が立ちこめ

湖の波は、岳陽城を揺り動かしている。

この湖を下ろうと思うのだけれど、船やその船の楫取りはいなく

何もせずにただじっとしていることを、天子様の徳に対して、申し訳なく思う。

なんとなく、湖に釣り糸を垂らしている者を見ていると、

空しいかな、自分も魚を得たいと思ってくる。
(仕官したい気持ちが芽生えてくる)

形式

この漢詩は五つに並んだ漢字が八つの行からなる、五言律詩というスタイルをとっています。「平」、「清」、「城」、「明」、「情」が韻を踏んでいます。(押韻という)

単語

偽物の空。つまり湖に映し出された空のことを指す
雲夢澤洞庭湖の北側の湿地帯
抽象的事な物を揺り動かす
端居じっとしている
聖明天子の徳



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。