manapedia
伊勢物語『あづさ弓(梓弓)』わかりやすい現代語訳と文法解説
著作名: 走るメロス
122,818 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

伊勢物語『あづさ弓(梓弓)』

このテキストでは、平安時代初期に書かれた伊勢物語の「あづさ弓・梓弓」(昔、男、片田舎に住みけり〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。

原文

昔、男、片田舎に住みけり。男、宮仕えしにとて、別れ惜しみて行きにけるままに、三年来ざりければ、待ちわびたりけるに、いとねむごろに言ひける人に、「今宵あはむ」と契りたりけるに、この男来たりけり。「この戸開け給へ」とたたきけれど、開け、歌をなむよみて出だしたりける。

あらたまの三年をまちわびてただ今宵こそ新枕すれ
  

と言ひ出だしたりければ、

梓弓ま弓槻弓年を経てわがせしがごとうるはしみせよ
  

と言ひて、去なむとしければ、女、

梓弓引けど引かねど昔より心は君によりにしものを
  

と言ひけれど、男、帰りにけり。女、いとかなしくて、後に立ちて追ひ行けど、え追ひつかで、清水のある所に伏しにけり。そこなりける岩に、指の血して書きつけける。

あひ思はで離(か)れぬる人をとどめかねわが身は今ぞ消え果てぬめる


と書きて、そこにいたづらになりにけり。


現代語訳

昔とある男が片田舎に住んでいた。男は宮仕えをしようと思って、(恋人との)別れを惜しんで京に出かけていき、3年もの間戻ってこなかった。恋人の女は待ちくたびれてしまったのだが、ちょうどそのころ一途に口説いてくれた人がいたので、

「今夜結婚しましょう」


とその人と約束をしたときに、昔の男が帰ってきた。
(帰ってきた男は)

「この扉を開けてください」


と女性の家の扉をたたくのだが、女は扉を開けずに、歌を詠んで渡した。

三年間、あなたが帰ってくるのを待ちわびていましたが、ちょうど今夜、他の方と結婚するところです


と詠むと、男は、

(梓で作った弓、壇で作った弓、槻の木で作った弓…)弓の種類のように私たちにもいろいろとあったが、私があなたを愛したように、新しい人と仲良くやりなさいね


と言って、出て行こうとした。すると女は、

(私の心を)引こうが引くまいが、昔から私の心はあなたに傾いておりましたのに


と言ったが、男は帰っていってしまった。女はとても悲しくなり、男の後を追っていったが、とても追いつくことができずに、清水のあるところで倒れてしまった。そしてそこにあった岩に、指の血で歌を書いた。

両思いにはなれずに離れてしまった人を、とどめることができずに、私の体は今にも消えてしまいそうです


と書いて、そこに死んでしまった。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。