manapedia
『月夜』 杜甫 書き下し文・わかりやすい現代語訳(口語訳)と文法解説
著作名: 走るメロス
123,005 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

杜甫 『月夜』

ここでは、中国の詩人、杜甫のよんだ句「月夜」の書き下し文、そして現代語訳を記しています。この詩は、杜甫が戦の最中、長安で軟禁されたときに詠まれた句です。 有名な「春望」という句もこの時期に詠まれたとされています。

この漢詩は5つの漢字が1セットになり、8行続いているので五言律詩となります。そして2、4、6、8句目の最後の文字が押韻を踏んでいます。「看(kan)・安(an)・寒(kan)・乾(kan)」

白文(原文)

左から右に読んでください

今 夜 鄜 州 月
閨 中 只 独 看
遥 憐 小 児 女
 解 憶 長 安
香 霧 雲 鬟 湿
清 輝 玉 臂 寒
何 時 倚 虚 幌
双 照 涙 痕 乾


書き下し文

今夜、鄜州(ふしゅう)の月

閨中(けいちゅう)只だ独り看(み)るらん

遙かに憐れむ小児女(しょうじょ)の

未だ長安を憶ふを解せざるを

香霧雲髪(うんかん)湿(うるお)ひ

清輝玉臂(ぎょくひ)寒からん

何れの時か虚幌(きょこう)に倚(よ)りて

双(なら)び照らされて涙痕(るいこん)乾かん

次ページ:口語訳(現代語訳)


1ページ
前ページ
1/3
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。