manapedia
『勧酒』 于武陵 書き下し文・わかりやすい現代語訳(口語訳)と文法解説
著作名: 走るメロス
49,370 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは、中国の詩人于武陵の詠んだ「勧酒」という漢詩の現代語訳と解説を行っています。この歌は別れを詠んだものです。

白文

左から右に読んでください

勧 君 金 屈 卮
満 酌 不 須 辞
花 発 多 風 雨
人 生 足 別 離



書き下し文

君に勧む金屈卮(きんくつし)

満酌、辞するを須(もち)いず

花発(ひら)けば風雨多し

人生、別離足る

口語訳(現代語訳)

さぁ、この金の杯を勧めよう

杯になみなみと注がれた酒を遠慮する必要はない

花が咲くころには雨風が多くなる
(※楽しみにしていた花は、咲いたらすぐ散ってしまう)

人の世も同じように、楽しみの後には別れがあるものだ


不須「~もちいず」と読み、「~する必要はない」と訳す


井伏鱒二の口語訳

ちなみにこの漢詩には、井伏鱒二が独自の解釈で口語訳をつけています。

コノサカズキヲ受ケテクレ
ドウゾナミナミツガシテオクレ
ハナニアラシノタトエモアルゾ
「サヨナラ」ダケガ人生ダ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。