manapedia
枕草子『五月ばかりなどに(山里に歩く)』わかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
35,626 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

このテキストでは、清少納言の書いた枕草子五月ばかりなどに」の現代語訳をしています。この章では、牛車の乗って出かけたときに感じたことを述べてあります。"牛車に乗って出かけている"ここがポイントですので、イメージしておきましょう。

原文

五月ばかりなどに山里にありく、いとをかし。草葉も水もいと青く見えわたりたるに、上はつれなくて草生ひ茂りたるを、ながながとたたざまに行けば、下はえならざりける水の、深くはあらねど、人などのあゆむに走り上がりたる、いとをかし。

左右にある垣にあるものの枝などの、車の屋形などにさし入るを、急ぎてとらへて折らむとするほどに、ふと過ぎてはづれたるこそ、いと口惜しけれ。蓬の、車に押しひしがれたりけるが、輪の回りたるに、近ううちかかりたるもをかし。

現代語訳

5月あたりに山里を出歩くのも趣があってよい。草葉も(田んぼの)水も、たいへん青く見渡せる中で、表面は何気ない様子で草木が生い茂っているところを、ぞろぞろと一列になって行く。草木の下にはなんとも言えないほどきれいな水があって、深さはないのだけれど、人が歩くときに水がはね上がったりするのは趣がある。

(道中で)左右の垣から飛び出している何かの枝が、牛車の屋形(人が乗っているところ)に挿し入ってきたのを、急いでつかまえて折ろうとするうちに、牛車が進んでしまって牛車の窓枠から枝が外れてしまったのは残念である。蓮で牛車に押しつぶされたものが、牛車の車輪がまわって窓のそばまで押しつぶされた蓮があがってきて、(いい香がするのは)趣があってよい。

単語・文法解説


ありく出歩く・外出する
をかし趣がある
上はつれなくて表面は何気ない様子で
えならずなんとも言えないほど素晴らしい
こそ~けれ係り結びの法則。「こそ」には已然形がつく
ひしがれたりける「ひしぐ」+受け身の助動詞「る」+完了の助動詞「たる」+過去の助動詞「けり」


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。