manapedia
奥の細道『那須野』わかりやすい現代語訳と解説(おくのほそ道)
著作名: 走るメロス
15,824 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは、松尾芭蕉の書いた奥の細道の中の「那須野」の章について解説しています。

原文

那須の黒羽と云所に知人あれば、是より野越にかかりて、直道をゆかんとす。遥に一村を見かけて行くに、雨降日暮るる。農夫の家に一夜をかりて、明ればまた野中を行く。そこに野飼いの馬あり。草刈るをのこになげきよれば、野夫といへどもさすがに情しらぬには非ず。

「いかがすべきや。されどもこの野は縦横にわかれて、うひうひしき旅人の道ふみたがえん、あやしう侍れば、此馬のとどまる所にて馬を返し給へ」

と、かしはべりぬ。ちひさき者ふたり、馬の跡したひて走る。ひとりは小姫にて、名をかさねといふ。聞きなれぬ名のやさしかりければ、

かさねとは八重撫子の名なるべし 曽良


やがて人里に至れば、あたひを鞍つぼに結びつけて馬を返しぬ。

現代語訳

那須の黒羽というところに知人がいるので、これから峠を越えて近道を行くことにする。遠くにひとつの村が見えたので、そこに向かって進んでいると雨が降ってき、日も暮れてきた。道中の農夫の家で一晩を明かさせてもらい、明るくなったのでまた野中を進む。そしたらそこに放し飼いをしてある馬がいた。(近くで)草を買っていた男性に、(馬を貸してください)と頼み込んでみると、農夫とはいってもさすがに情けの心を知らないわけではない。

「どうしたものでしょうか。そうはいってもこの野道は縦横に分かれていて、この土地に慣れていない旅人さんが道に迷うこともあるのも気がかりですから、この馬に乗って、馬が歩みを止めたところでお返しください」


と(馬を)貸してくださった。幼い子どもが2人、馬のあとを追って走ってついてくる。そのうち1人は小さい女の子で、名前を"かさね"といった。聞きなれない名前が優美に聞こえたので曽良が

「"かさね"というのは(花で言うならば)八重撫子の名に相当するのであろう」


やがて人里についたので、お礼のお金を馬鞍に結び付けて馬を返した。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。