manapedia
沙石集『三文にて歯二つ』わかりやすい現代語訳と文法解説
著作名: 走るメロス
31,491 views
はじめに

このテキストでは、沙石集の一節「三文にて歯二つ」(南都に、歯取る唐人ありき〜)の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。書籍によっては「虫歯を抜く代価」や「歯取ること」などと題するものもあるようです。

原文

(※1)南都に、歯取る唐人ありき。ある(※2)在家人の、慳貪にして(※3)利養を先とし、事にふれて商ひ心のみありて、(※4)徳もありけるが、

「虫の食ひたる歯をとら(※5)せむ。」


とて、唐人がもとに行きぬ。歯一つ取るには、銭二文に定めたるを、

「一文にて取りてたべ。」


といふ。少分の事なれば、ただも取るべけれども、心様の憎さに、

「ふつと一文にては取らじ。」


といふ。やや久しく論ずる程に、(※6)おほかた取らざりければ、

さらば三文にて歯二つ取り給へ。」


とて、虫も食はぬに良き歯を取り添へて二つ取らせて、三文取らせつ。心には利分とこそ思ひ(※7)けめども、疵なき歯を失ひぬる、大きなる損なり。これは申すに及ばず、大きに愚かなる事、をこがましきわざなり。

現代語訳

奈良に、歯をとる(ことを職業とする)中国人がいました。ある在家の人で、欲深くけちで私利私欲を優先し、何かにつけて商売のことばかり考え、財産もあったのが、

「虫が食った歯をとらせよう。」


と、中国人のもとへと行きました。(中国人は)歯を一つとるには、二文(の料金)だと決めていたのを、(この男は)

「一文でとってください。」


と言います。少額のことなので、ただで抜いてもよいのですが、(その男の)心のあり方が憎らしいので、

「決して一文ではとらない。」


と言います。かなり長時間言い争っていましたが、いっこうに(歯を)とらなかったので

「それならば三文で歯を二つとってください。」


と言って、虫も食わないのに良好な歯を付け加えて二つとらせて、三文与えました。男の心は得をしたと思ったのでしょうが、痛んでいない歯を失ったことは、大きな損失です。これは申し上げるまでもなく、大変おろかなことで、馬鹿らしい行いです。

次ページ:品詞分解と単語


1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。