manapedia
『鶏口牛後』書き下し文・わかりやすい現代語訳(口語訳)と文法解説
著作名: 走るメロス
345,473 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

『鶏口牛後』

ここでは、中国の故事である鶏口牛後の書き下し文と現代語訳・解説を書いています。鶏口牛後とは、大きな組織の末端のではなく、小さな組織のトップでいなさいという意味です。

白文(原文)

秦人恐喝諸侯、求割地。
有洛陽人蘇秦。游説秦恵王不用。乃往説燕文侯、与趙従親。燕資之以至趙。説粛侯曰、

「諸侯之卒、十倍於秦。并力西向、秦必破。為大王計、莫若六国 従親以擯秦。」


粛侯乃資之以約諸侯。蘇秦以鄙諺説諸侯曰、

「寧為鶏口、無為牛後。」


於是六国従合。

つづく

書き下し文

秦人諸侯を恐喝して地を割かんことを求む。
洛陽の人蘇秦なるもの有り、秦の恵王に游説して、用ゐられず。乃ち往きて燕の文侯に説き、趙と従親せしむ。燕之に資して以て趙に至らしむ。粛侯に説きて曰はく、

「諸侯の卒は、秦に十倍す。力を并せて西に向かはば、秦必ず破れん。大王の為に計るに、六国従親して以つて秦を擯(しりぞ)くるに若(し)くは莫(な)し。」と


粛侯乃ち之に資して、以つて諸侯を約せしむ。
蘇秦鄙諺(ひげん)を以つて諸侯に説きて曰はく、

「寧ろ鶏口と為るとも、牛後と為ること無かれ。」と


是に於いて六国従合す。

つづく

次ページ:口語訳(現代語訳)


1ページ
前ページ
1/3
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。