manapedia
白居易『香炉峰下新卜山居(香炉峰下、新たに山居を卜し~)』原文・書き下し文・現代語訳(口語訳)と解説
著作名: 走るメロス
133,293 views
はじめに

ここでは中国の詩人白居易が詠んだ漢詩、『香炉峰下新卜山居草堂初成偶題東壁(香炉峰下、新たに山居を卜し草堂初めて成り、偶東壁に題す)』の原文(白文)、書き下し文と現代語訳(口語訳)、そしてその解説を記しています。

この漢詩は、白居易が江州という土地に左遷され、司馬という官職に任命されたときに詠んだものです。左遷されたとはいえ悲壮感はなく、当時の悠々自適な心境を読み取ることができます。

原文(白文)

※左から右に読んでください。

香 炉 峰 下 新 卜 山 居 草 堂 初 成 偶 題 東 壁

日 高 睡 足 猶 慵 起
小 閣 重 衾 不 怕 寒
遺 愛 寺 鐘 欹 枕 聴
香 炉 峰 雪 撥 簾 看
匡 廬 便 是 逃 名 地
司 馬 仍 為 送 老 官
心 泰 身 寧 是 帰 処
故 郷 何 独 在 長 安

書き下し文

(※1)香炉峰 下 新 卜 山 居 草 堂 初 成 (※2)偶 題 東 壁
香炉峰下、新たに山居を卜し、草堂初めて成り、偶東壁に題す
こうろほうか、あらたにさんきょをぼくし、そうどうはじめてなり、たまたまとうへきにだいす


日 高 睡 足 猶 (※3)慵
日高く睡り足りて猶ほ起くるに慵し
ひたかくねむりたりて なおおくるにものうし 

小 閣 重 (※4)衾 不 怕 寒
小閣に衾を重ねて寒さを怕れず
しょうかくにしとねをかさねて かんをおそれず

遺 愛 寺 鐘 欹 枕 聴
遺愛寺の鐘は枕を欹てて聴き
いあいじのかねは まくらをそばだててきき

(※5)香 炉 峰 雪 撥 簾 看
香炉峰の雪は簾を撥げて看る
こうろほうのゆきは すだれをかかげてみる

(※6)匡 廬 便 是 逃 (※7)名
匡廬は便ち是れ名を逃るるの地
きょうろはすなはちこれ なをのがるるのち

司 馬 仍 為 送 老 官
司馬は仍ほ老を送る官たり
しばはなお おいをおくるかんたり

心 泰 身 寧 是 (※8)帰 処
心泰く身寧きは是れ帰する処
こころやすくみやすきは これきするところ

故 郷 (※9)何 独 在 長 安
故郷何ぞ独り長安に在るのみならんや
こきょうなんぞひとり ちょうあんにあるのみならんや

※次のように表記される場合もある。

故 郷 何 独 在 長 安
故郷何ぞ独り長安のみに在らんや
こきょうなんぞひとり ちょうあんのみにあらんや


現代語訳(口語訳)

香炉峰下、新たに山居を卜し、草堂初めて成り、偶東壁に題す
香炉峰のふもと、新しく山の中に住居を構えるのにどこがよいか占い、草庵が完成したので、思いつくままに東の壁に題した(歌)


日高く睡り足りて猶ほ起くるに慵し
日は高くのぼり睡眠は十分とったというのに、それでもなお起きるのがおっくうである

小閣に衾を重ねて寒さを怕れず
小さな家で布団を重ねているので、寒さは心配ない

遺愛寺の鐘は枕を欹てて聴き
遺愛寺の鐘の音は、枕を高くして(耳をすまして)聴き

香炉峰の雪は簾を撥げて看る
香炉峰に降る雪は、すだれをはね上げて見るのである

匡廬は便ち是れ名を逃るるの地
廬山は(俗世間の)名利(名誉と利益)から離れるにはふさわしい地であり

司馬は仍ほ老を送る官たり
司馬(という官職)は、やはり老後を送るのにふさわしい官職である

心泰く身寧きは是れ帰する処
心が落ち着き、体も安らかでいられる所こそ、安住の地であろう

故郷何ぞ独り長安に在るのみならんや
故郷というものは、どうして長安だけにあろうか、いや長安だけではない

単語・解説

(※1)香炉峰中国の廬山にある峰のひとつ
(※2)偶思いつくままに
(※3)慵しものうし。おっくうだ、面倒くさい
(※4)衾「ふすま」とも読む。布団のこと
(※5)香炉峰雪枕草子「雪のいと高う降りたるを」などに引用されている
(※6)匡廬(きょうろ)廬山の別名
(※7)名名利(名誉と利益)
(※8)帰処「安住の地」と訳す
(※9)何「何〜ん/何〜んや」の形で反語となる


次ページ:七言律詩・押韻・対句など


1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。