manapedia
土佐日記『亡児1』(二十七日。大津より浦戸をさして〜)わかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
66,480 views
土佐日記『亡児』

このテキストでは、紀貫之が書いたとされる土佐日記の中の「二十七日。大津より浦戸をさして〜」から始まる箇所の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。

書籍によっては、「大津より浦戸へ」や「十二月二十七日」などと題するものもあるようです。また、この章と「十一日。暁に舟を出だして、室津を追ふ〜」から始まる箇所をあわせて『亡児』とするものもあるようです。

原文

二十七日。大津より浦戸をさして漕ぎ出づ。かくあるうちに、京にて生まれたりし女児、国にてにはかに失せ(※1)にしかば、このごろの出で立ち急ぎ見れど、何事も言はず。京へ帰るに、女児のなきのみぞ悲しび恋ふる(※2)ある人々もえ堪へず。この間に、(※3)ある人の書きて出だせる歌、

都へと思ふをものの悲しきは帰らぬ人のあれば(※4)なりけり

歌の解説


またある時には、

あるものと忘れつつなほなき人をいづらと問ふ(※5)ぞ悲しかりける

歌の解説



土佐日記『亡児2』(十一日。暁に舟を出だして、室津を追ふ〜)の現代語訳

現代語訳

二十七日。大津から浦戸を目指して船を漕ぎ出す。このようにいるうちに、京都で生まれていた女の子が、(赴任先の土佐の)国で急に亡くなってしまったので、最近の出発の準備を見ても、何も言わない。京都に帰るのに、女の子がいないことばかりが悲しく恋しく思われる。そこにいる人たちも(悲しみを)堪えることができない。この間に、とある人が書いて出した歌。

都へ(帰れる)と思うにつけてもなんとなく悲しいのは、(死んでしまって)帰らない人(娘)がいるからなのだなあ


またあるときには(次のような歌を詠んだ。)

まだ生きているものだと(死んでしまったことを)忘れてはまた、依然として、亡くなった人(娘)を「どこにいるのか」と尋ねるのは悲しいことであるよ


土佐日記『亡児2』(十一日。暁に舟を出だして、室津を追ふ〜)の現代語訳

次ページ:品詞分解と単語


1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。