manapedia
徒然草『をりふしの移り変わるこそ』わかりやすい現代語訳と解説 その1
著作名: 走るメロス
37,173 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

このテキストでは、兼好法師の書いた徒然草の中の「をりふし移り変はること」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。

原文(本文)

をりふしの移り変はるこそ、ものごとにあはれなれ

「もののあはれは秋こそまされ」

と、人ごとに言ふめれど、それもさるものにて、今ひときは心も浮きたつものは、春の気色にこそあめれ。鳥の声などもことのほかに春めきて、のどやかなる日影に、垣根の草萌えいづるころより、やや春ふかく霞わたりて、花もやうやうけしきだつほどこそあれ、折しも雨風うちつづきて、心あわたたしく散り過ぎぬ。青葉になり行くまで、よろづにただ心をのみぞ悩ます。花橘は名にこそ負へれ、なほ、梅の匂ひにぞ、いにしへの事も立ちかへり恋しう思ひいでらるる。山吹の清げに、藤のおぼつかなきさましたる、すべて、思ひすてがたきこと多し。

※つづき:「灌仏のころ、祭りのころ〜」の現代語訳・解説

現代語訳(口語訳)

季節が移り変わっていく様子には趣がある。

「趣があるということでは秋が一番まさっている」


と人は誰もが言うようだが、それはもっともなことだと思うのだけど、今一段と心が浮き立つのは、春の様子のようだ。鳥の鳴き声などとりわけ春めいて、のどやかな日差しの下で垣根の草が生えてくるころからしだいに春も深まり、桜の花も次第にその季節らしく咲きそうになるころであるが、ちょうどその頃に雨風がやってきて、せわしなくすっかりと散ってしまった。(その桜の木が)青葉になるまで、何かにつけてを心悩ますのである。橘の花は昔のことを恋しく思わせることで有名であるが、やはり梅の香をかぐと、昔のことを恋しく思出だされる。山吹の花がさっぱりとしてきれいに咲き、藤の花がぼんやりとはっきりしない様子が、すべて思い捨てがたいことである。

※つづき:「灌仏のころ、祭りのころ〜」の現代語訳・解説

次ページ:品詞分解と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。