manapedia
十訓抄『大江山』わかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
667,819 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

十訓抄『大江山の歌』

ここでは、十訓抄の中の『大江山の歌』(和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては『小式部内侍が大江山の歌の事』、『大江山のいくのの道』と題されているものもあるようです。古今著聞集にも収録されていますが、若干原文が異なります。

このお話のあらすじ

和泉式部とその娘の小式部内侍は才能にあふれた歌人として知られていました。

ある日、和泉式部が旦那の転勤で丹後に引っ越していくことになります。京都には娘の小式部内侍だけが残っています。そんな中で小式部内侍は歌詠みの大会によばれることになります。この大会によばれるだけで大変な名誉なのですが、仮に大会で平凡な歌を詠もうものなら、その評判は一気に下がってしまう厳しいものでもありました。

そんな緊張感の中で定頼の中納言から、「歌の名人であるお母さんに、かわりに歌を詠んでもらうために遣わした者は帰ってきた?」なんて意地悪なことを言われてしまいます。

むっとした小式部内侍は、すばらしい歌でこれに答えます。あまりのすばらしさに返す言葉もなくなった定の頼中納言。そんな、すかっとするようなお話です。

原文

和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに、京に歌合ありけるを、小式部内侍、歌詠みにとられて、歌を詠みけるに、定頼の中納言たはぶれて、小式部内侍ありけるに、

「丹後へ遣はしける人は参りたりいかに心もとなく思すらむ。」


と言ひて、局の前を過ぎられけるを、御簾より半らばかり出でて、わづかに直衣の袖を控へ
  
大江山いくのの道の遠ければまだふみもみず天の橋立


と詠みかけけり。思はずにあさましくて、

「こはいかに、かかるやうやはある。」


とばかり言ひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて逃げられけり。小式部、これより、歌詠みの世におぼえ出で来にけり。


これはうちまかせて理運のことなれども、かの卿の心には、これほどの歌、ただいま詠み出だすべしとは、知られざりけるにや。

現代語訳

和泉式部が、藤原保昌の妻として、丹後の国に赴いた頃のことですが、京都で歌合わせがあったときに、(そこに和泉式部の娘の)小式部内侍が、歌の詠み手に選ばれて歌を詠んだのを、定頼の中納言がふざけて、小式部内侍が(局に)いたときに、

「(お母さんに歌を詠んでもらうために)丹後におやりになった人は(帰って)参りましたか。(使いが帰ってくるのを)さぞかし待ち遠しくお思いのことでしょう。」


と言って、局の前を通り過ぎられたところ、(小式部内侍は)御簾から半分ほど(体を)乗り出して、少し(定頼の中納言の着ている)直衣の袖を引き止めて、

大江山を越えて、生野という所を通っていく(丹後までの)道が遠いので、私はまだ天の橋立を踏んだこともありませんし、母からの手紙も見ておりません。

(※丹後に行くには、天橋立という名所を通らなければならない。)


と詠みかけました。(定頼の中納言は)思いがけないことで、驚いて

「これはどういうことか。このようなことがあるものか、いやない。」


とだけ言って、返歌もできずに、袖を引き払ってお逃げになりました。


小式部内侍は、この件以来歌詠みの世界で評判が広まりました。


これは(小式部内侍にとっては)道理にかなった話ではあるのですが、あの卿(定頼の中納言)の心には、これほどの歌を、(小式部内侍が)とっさに詠み始めることができるとは、おわかりではなかったのでしょうか。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説とテストに出題されそうな問題


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。