manapedia
枕草子『にくきもの』 その2 (ものうらやみし、身の上嘆き~)わかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
45,333 views
にくきもの

このテキストでは、清少納言が書いた枕草子「にくきもの」(ものうらやみし、身の上嘆き~)の一節の現代語訳・口語訳とその解説をしています。2回にわたってお送りしますが、今回はその2回目です。

前回のテキスト:枕草子『にくきもの(急ぐことあるをりに来て~)』の現代語訳

原文

ものうらやみし、身の上嘆き、人の上言ひ、露塵のこともゆかしがり、聞かまほしうして、言ひ知らせぬをば怨じそしり、また僅かに聞き得たることをば、わがもとより知りたることのやうに、異人にも語りしらぶるも、いとにくし

もの聞かむと思ふほどに泣くちご。烏の集まりて飛び違ひ、さめき鳴きたる。

忍びて来る人、見知りてほゆる犬。あながちなる所に隠し臥せたる人の、いびきしたる。また、忍び来る所に、長烏帽子して、さすがに人に見えじとまどひ入るほどに、ものにつきさはりて、そよろといはせたる。伊予簾など掛けたるに、うちかづきて、さらさらと鳴らしたるも、いとにくし。帽額の簾はまして、(※1)こはしのうち置かるる音、いとしるし。それも、やをら引き上げて入るは、(※2)さらに鳴らず。遣戸を、荒くたてあくるも、いとあやしすこしもたぐるやうにしてあくるは、鳴りやはする。あしうあくれば、障子なども、こほめかしうほとめくこそ、しるけれ

ねぶたしと思ひて臥したるに、蚊の細声にわびしげに名のりて、顔のほどに飛びありく。羽風さへ、その身のほどにあるこそ、いとにくけれ。

きしめく車に乗りてあるく者。耳も聞かぬ(※3)にやあらむと、いとにくし。わが乗りたるは、その車の主さへにくし。

また、物語するに、さしいでして、我ひとりさいまくる者。すべてさしいでは、童も大人いともにくし。

現代語訳

何かにつけて人のことをうらやましがり、(自分の)身上を嘆き、他人について噂をし、ほんのわずかなことでも知りたがり、聞きたいと思って、話して知らせないことに恨みを言い非難し、また少し聞きかじったことを、自分がはじめから知っていることのように、他の人にも得意げに話すのも、たいそうしゃくに障る。

話を聞こうと思うと泣く子ども。カラスが集まって飛びかい、さわがしく鳴いている(のはしゃくに障る。)

人目につかないように(夜に女性の家に遊びにやって)きた人に、気づいてほえる犬。(内緒で通ってきた男性が家の人に見つかってしまうので)無理な所に隠しておいた人が、いびきをしたの(はしゃくに障る)。また、人目につかないように来る所に、長烏帽子をつけて、そうはいっても人に見られないようにと思って慌てて中に入るときに、(烏帽子が)物につきあたって、がさっと音をたてるの(はしゃくに障る)。伊予の国産の簾(すだれ)などが掛けてあるのを、(くぐるときにそれを)頭にのせて、さらさらと音をたてさせるのも、たいそうしゃくに障る。帽額の簾はさらに、木端が敷居にあたる音が、たいそうはっきりしている(ので耳に障る)。それも、そっと引いて上にあげるときは、少しも音がしない。引き戸を、荒っぽく閉めたり開けたりするのも、とてもけしからんことだ。そっと持ち上げて(戸を)開けるならば、(音が)するだろうか、いやしない。下手に開けると、障子などでも、ゴトゴトコトコトと音をたてるので、(人が訪ねてきたのが)際立ってしまう。

眠たいと思って横になっていると、蚊が細い声でやるせなさそうに羽音をたてて、顔のあたりを飛び廻っている(のはしゃくに障る)。羽風さえも、その身の丈にあう(大きさの音である)ことも、たいそうしゃくに障る。

きしきしと音をたてる牛車に乗って歩きまわる者(はしゃくに障る)。耳が(きしきしという音を)聞かないのだろうかと、たいそうしゃくに障る。自分が乗っている(牛車がそんな音をたてた)ときは、その牛車の持ち主までもがしゃくに障る。

また、世間話をしているときに、でしゃばって、自分ひとり口出しする者(はしゃくに障る)。総じてでしゃばりは、子どもも大人もたいそうしゃくに障る。

[h2]次ページ:単語と文法解説[/h3]
単語・文法解説

(※1)こはしすだれの上下両端につけられた薄い板。「こはじ(木端)」とも
(※2)さらに鳴らず「さらに~ず」で「全く~ない」
(※3)にやあらむ「~であろうか」。断定の助動詞「なり」の連用形「に」+係助詞「や」+ラ行変格活用「あり」の未然形+推量の助動詞「む」の連体形


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。