manapedia
竹取物語『かぐや姫の嘆き』 わかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
156,035 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

『かぐや姫の嘆き』

このテキストでは、竹取物語の中の「かぐや姫の嘆き」の現代語訳と解説を行っています。

原文

八月十五日ばかりの月に出でゐて、かぐや姫いといたく泣きたまふ。人目も今はつつみ給はず泣きたまふ。これを見て、親どもも

「何事ぞ。」


と問ひさわぐ。かぐや姫泣く泣く言ふ、

さきざきも申さむと思ひしかども、必ず心惑ひしたまはむものぞと思ひて、今まで過ごし侍りつるなり。さのみやはとて、うち出で侍りぬるぞ。

おのが身はこの国の人にもあらず。月の都の人なり。それを、の契りありけるによりなむ、この世界にはまうで来たりける。今は帰るべきになりにければ、この月の十五日に、かのもとの国より、迎へに人々まうで来むずさらずまかりぬべければ、おぼし嘆かむが悲しきことを、この春より思ひ嘆き侍るなり。」


と言ひて、いみじく泣くを、翁、

「こは、なでふことのたまふぞ。竹の中より見つけ聞こえたりしかど、菜種の大きさおはせしを、我が丈たち並ぶまで養ひたてまつりたる我が子を、何人か迎へ聞こえむ。 まさに許さむ。」


と言ひて、

「我こそ死なめ。」


とて、泣きののしること、いと堪へがたげなり。かぐや姫のいはく、

「月の都の人にて、父母あり。片時の間とて、かの国よりまうで来しかども、かくこの国にはあまたの年を経ぬるになむありける。かの国の父母のこともおぼえず、ここには、かく久しく遊び聞こえて、ならひ奉れり。いみじからむ心地もせず。悲しくのみある。されど、おのが心ならずまかりなむとする。」


と言ひて、もろともにいみじう泣く。使はるる人々も、年ごろならひて、たち別れなむことを、心ばへなどあてやかにうつくしかりつることを見ならひて、恋しからむことの堪へがたく、湯水飲まず、同じ心に嘆かしがりけり。

現代語訳

八月十五日ごろの月が出ているときに、かぐや姫ははげしく泣いていらっしゃる。今は人目もくれずに泣いていらっしゃる。これを見て親たちは

「どうしたのだ」


とかぐや姫に尋ねて騒いでいる。かぐや姫が泣きながら言うことには

「以前にもお話申し上げようと思っていたけれども、必ず困惑されると思って、今まで過ごしてきました。そのように黙って過ごしていられようかと思って、うちあけてしまいます。

私はこの国の人間ではありません。月の都の人間です。前世の約束によって、この世界にやってきたのです。そして帰るときになったので、今月の15日に、月の都の国から私を向かえに人々がやってくることになっています。やむを得ず、月の都へ行かなければならないので、(おじいさん、おばあさんがお嘆きになるようなことが悲しいということを、)私はこの春から思い嘆いているのです。」


とのことで、かぐや姫は大変泣いているのでした。これを見たおじいさんは、

「これは、何ということをおっしゃるのですか。竹の中から見つけ申し上げましたが、菜種ほどの大きさでいらっしゃったあなたを、私ほどの背の高さまで大きくなるまで育てたのです。そのわが子を何者が迎えにくるというのですか。許すわけにはいきません。」


と言って

「私が死のう。」


と泣き喚いている様子は、とても我慢できない感じである。かぐや姫が言うには

「月の都には父と母がいます。ほんの少しの間ということで、あの国(月の国)から参りましたが、この国(日本)で長い年月を過ごしてしまいました。あの国の父・母のことは覚えておりません。ここでは、このように長い間楽しく過ごさせて頂き、慣れ親しんでおります。(帰ることに対して)良い心地はしません。悲しさだけがあります。しかし、自分の心どおりにはいかずに出て行くのです。」


と言って、一緒にはげしく泣く。(かぐや姫の)身辺のお世話をさせている人々も、長年親しんでいながらも、別れてしまうことを、(かぐや姫が)気立てなどが上品でかわいらしい様子であったのを見慣れていたので、その姿を(かぐや姫が帰ったあとに)恋しく思うことが堪えがたく、湯水も飲むことができずに、おじいさん、おばあさんと同じように嘆き悲しんだ。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。