manapedia
現在進行形の文
著作名: みかん
3,334 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

現在進行形とは

現在進行形の使い方について、確認しましょう。

現在進行形は、「今この瞬間」に注目し、「実行中」であることを強調します。
今まさに行われていることを説明する際に使います。
ALT


例文を見てみましょう。

He is playing the violin now.
(彼は今、ヴァイオリンを弾いています。)

現在進行形は、「be動詞+〜ing」の形で表します。
「今この瞬間に」彼はヴァイオリンを弾いている、ことを表しています。

現在形と現在進行形の違い

現在形と、現在進行形の違いを確認してみましょう。

現在形

He plays the violin every Sunday.
(彼は毎週日曜日に、ヴァイオリンを弾きます。)

現在進行形

He is playing the violin now.
(彼は今、ヴァイオリンを弾いています。)

現在形は、彼が普段ヴァイオリンを弾いていることを説明しています。
現在形では、日常的に繰り返し行なっていることを表すのでしたね。

それに対して、現在進行形は、「今している」ことだけに注目します。
彼が、普段ヴァイオリンを弾いているかどうか、それとも今日初めて弾いたかどうかはわかりませんが、とにかく今、ヴァイオリンを弾いている、ということを説明しています。

現在形と、現在進行形の違いがイメージできましたか?


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。


最近見たテキスト
11_197 現在進行形の文
10分前以内
>




英語