manapedia
平家物語『木曽の最期(今井四郎只一騎、五十騎ばかりが中へ駆け入り~)』現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
221,822 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

平家物語『木曽の最期(今井四郎只一騎、五十騎ばかりが中へ駆け入り~)』

前回のお話はこちら

原文

今井四郎只一騎、五十騎ばかりが中へ駆け入り、鐙踏ん張り立ち上がり、大音声あげて名乗りけるは

「日頃は音にも聞きつらん、今は目にも見給へ。木曽殿の御乳母子、今井四郎兼平、生年三十三にまかりなる。さる者ありとは鎌倉殿までも知ろし召されたるらんぞ。兼平討つて見参に入れよ」


とて、射残したる八筋の矢を、差し詰め引き詰め散々に射る。死生は知らず、やにはに敵八騎射落とす。その後、打物抜いてあれに馳せ合ひ、これに馳せ合ひ、切つて回るに、面を合はする者ぞなき。分捕りあまたしたりけり。ただ、

「射取れや」


とて、中に取りこめ、雨の降るやうに射けれども、鎧よければ裏かかず、あき間を射ねば手も負はず。

木曽殿は只一騎、粟津の松原へ駆け給ふが、正月二十一日入相ばかりのことなるに、薄氷張つたりけり、深田ありとも知らずして、馬をざつと打ち入れたれば、馬の頭も見えざりけり。あふれどもあふれども、打てども打てども働かず。今井が行方の覚束なさに振り仰ぎ給へる内甲(かぶと)を、三浦の石田次郎為久、追つ掛つて、よつ引いて、ひやうふつと射る。痛手なれば、真甲を馬の頭に当てて俯し給へる処に、石田が郎等二人落ち合うて、遂に木曽殿の首をば取つてんげり

太刀の先に貫き、高く差し上げ、大音声を挙げて

「この日頃日本国に聞こえさせ給つる木曽殿を、三浦の石田次郎為久が討ち奉りたるぞや」


と名乗りければ、今井四郎軍しけるがこれを聞き、
「今は誰を庇はんとてか軍をもすべき。これを見給へ東国の殿原。日本一の剛の者の自害する手本」

とて、太刀の先を口に含み、馬より逆さまに飛び落ち、貫かつてぞ失せにける。
さてこそ粟津の軍はなかりけれ。

現代語訳

今井四郎はただ1騎だけで、50騎ほどの相手軍勢の中に駆け入り、鎧を踏ん張って立ち上がり、大声をあげて名乗った。

「日ごろ耳にすることがあるだろう、そして今は見たまえ。木曽殿の乳母の子、今井四郎兼平、年は33にあいなる。このような者がいることは鎌倉殿の御耳まで届いてあろう。この兼平を討ち取ってお目にかけよ。」


と言って、残した八本の矢を、弓にさしては引き、さしては引いた。矢が当たった相手の生死はわからないが、敵8騎を射落とす。その後に、刀を抜いてあちらこちらで馳せ合いをし、敵を切ってまわると、向かってくる者がいなくなった。敵の命を多く奪ったのである。

「弓を射ろ」


といって、兼平を取り囲んで雨が降るように矢をあびせるのだが、兼平の鎧がよいので、兼平の体に矢が刺さることはない。鎧と鎧の間も射られないので、傷は負っていない。

木曽殿はただ1騎で粟津の松原に向かっていかれるが、この日は1月21日の日没の頃だったので、寒さで薄い氷が張った深い田んぼがあるとも知らずに、その田んぼに馬を進めてしまったので、馬の頭が見えなくなるほど沈んでしまった。

馬をあおっても、むちで打っても前には進まない。木曽殿が今井のことを気になって振り返ったとき、木曽殿の兜の内側を、追っかけてきた三浦の石田次郎為久が、矢をひいてふっと射た。木曽殿は深手を負い、兜の正面を馬の頭にあててつっぷしているところに、石田の家来が2人やってきて、ついに木曽殿の首を取ってしまった。

木曽殿の首を刀の先にさして、それを高くあげて、大声で

「常日頃、日本中で名高い木曽殿を三浦の石田次郎為久が打ち申し上げましたぞ。」


と名乗ったので、今井四郎はこれを聞いて、

「こうなってしまっては、誰をかばって戦う必要があるだろうか。東国の武士たちよ、これを見よ。日本一のつわものが自害する手本だ。」


と言って、刀の先を口にふくんで、馬から逆さまに飛び落ちて、刀で首を貫いてしまった。
このようにして、粟津の戦いは終わったのである。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。