manapedia
平家物語『木曽の最期(木曾左馬頭、その日の装束には~)』現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
396,172 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

『木曽の最期(木曾左馬頭、その日の装束には~)』

あらすじ

以仁王(もちひとおう:天皇の子)の要請を受けて、平氏を討つために源氏が立ち上がります。源氏といえば源頼朝が有名ですが、源頼朝より先に、京都に入って平氏にダメージを与えたのが源義仲(木曽義仲)でした。しかし、源義仲は、京都で乱暴をはたらいたために、今度は源義仲を討てという命令が、源頼朝らにくだります。源頼朝は軍勢をそろえて源義仲の討伐に乗り出し、見事に討伐することに成功します。戦いで敗れた源義仲が仲間を引き連れて逃げていくところから、このストーリーは始まります。

原文

木曾左馬頭、その日の装束には、赤地の錦の直垂に唐綾威(からあやおどし)の鎧着て、鍬形うったる甲の緒しめ、いかものづくりの大太刀はき、石うちの矢の、その日のいくさに射て少々のこったるを、頭高に負ひなし、滋籐の弓もって、きこゆる木曾の鬼葦毛といふ馬の、きはめてふとうたくましいに、金覆輪の鞍おいてぞ乗ったりける。鐙ふんばり立ちあがり、大音声をあげて名のりけるは、

「昔は聞きけん物を、木曾の冠者、今は見るらむ、左馬頭兼伊予守朝日の将軍源義仲ぞや。甲斐の一条次郎とこそ聞け。たがひによきかたきぞ。義仲うって、兵衛佐にみせよや」


とて、をめいて駆く。一条の次郎、

「只今なるのは大将軍ぞ。あますな者ども、もらすな若党、うてや」


とて、大勢の中にとりこめて、我うっとらんとぞすすみける。木曾三百余騎、六千余騎が中をたてさま、よこさま、蜘手、十文字にかけわって、うしろへつっと出でたれば、五十騎ばかりになりにけり。そこを破つて行くほどに、土肥の次郎実平二千余騎でささへたり。其をもやぶってゆくほどに、あそこでは四五百騎、ここでは二三百騎、百四五十騎、百騎ばかりが中をかけわりかけわりゆくほどに、主従五騎にぞなりにける。五騎が内まではうたざれけり。木曾殿、

「おのれは、とうとう、女なれば、いづちへもゆけ。我は打死せんと思ふなり。もし人手にかからば自害をせんずれば、木曾殿の最後のいくさに、女を具せられたりけりなんど、いはれん事もしかるべからず」


と宣ひけれども、なほおちもゆかざりけるが、あまりにいはれ奉って、

「あっぱれ、よからうかたきがな。最後のいくさして見せ奉らん」


とて、控へたるところに、武蔵国にきこえたる大力、御田八郎師重、三十騎ばかりで出で来たり。巴、その中へ駆け入り、御田八郎に押し並べ、むずと取つて引き落とし、我乗つたる鞍の前輪に押し付けてちつとも動かさず、首捻ぢ切つて捨ててんげり。その後物の具脱ぎ捨て、東国の方へ落ちぞ行く。手塚太郎討死す。手塚別当落ちにけり。

※つづき:平家物語(今井四郎、木曽殿、主従二騎になってのたまひけるは~)現代語訳と解説

現代語訳

木曾左馬頭のその日の装束は、赤い錦の直垂に唐綾威の鎧を着て、鍬形を打ち付けた兜の緒をしめて、立派な装飾のされた太刀をさして、石うちの矢(その日の戦いで射て少し残っているもの)を頭高にして、滋籐の弓を持って、世に名高い木曾の鬼葦毛という、非常に体格のよい馬に、金をあしらった鞍を置いて乗っていた。鎧を踏ん張って立ち上がり、大声をあげて名乗るには、

「昔耳にしたことがあるであろう木曾の冠者(自分のこと)を、今は目にしていることであろうよ。私が左馬頭兼伊予守朝日の将軍源義仲だ。お前は甲斐の一条次郎と聞く。お互いに(打ち合うには)いい敵だ。この義仲を討ち取って、兵衛佐に見せるがよい。」


と大声で叫んで、駆けて行く。一条の次郎は、

「目の前にいるのは大将軍だ。お前ら、討ち逃がすなよ。取り逃がすな若党、討ち殺せ」


と言って、大勢で木曽義仲を取り囲んで、我こそが討つといって前に出て行った。木曽義仲勢は300騎ほど、6000騎の一条次郎勢の中を縦横に、八方に十文方向に駆けて、彼らの後ろに出たところ、(味方の軍勢は)50騎ほどになっていた。さらにそこを突破していくと、土肥の次郎実平の軍勢2000騎が守っている。そこも突破していくと、あそこでは4~500騎いたものが、ここでは2~300騎に、140~50騎に、100騎と、突破してくうちに(しまいには)主従5騎になってしまった。5騎になっても、巴は討たれなかった。木曽殿は、

「お前は、さっさと、女なのだから、どこへでも逃げろ。私は討ち死にしようと思っているのだ。もし自害をせずに人の手にかかって死んだならば、木曽殿は最期の戦いに女をお連れになっていたなどと言われるのは、残念である。」


とおっしゃるのだが、(巴は)それでも逃げようとしなかったのだが、あまりにも木曽殿から強く言われるので、巴は

「見事な敵がいないでしょうか。私の最期の戦いをご覧に入れたい。」


と言って待機していたところに、武蔵国に名高大力、御田八郎師重が、30騎ばかりを伴って現れた。巴はその軍勢の中に駆け入り、御田八郎の馬と自分の馬を並べると、御田八郎をむずとつかんで馬から引き落とし、自分の馬の鞍の前輪に押し付けて動けないようにし、首をねじ切って捨ててしまった。そしてその後に、身に付けていた武具を脱ぎ捨てて、東国の方へと落ち延びていった。手塚太郎は討ち死にし、手塚別当も敗走した。

次ページ:品詞分解・単語解説とテストに出題されそうな問題


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。