manapedia
『朝三暮四』 書き下し文・現代語訳(口語訳)と文法解説
著作名: 走るメロス
296,331 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

『朝三暮四』

ここでは、中国の故事である朝三暮四の書き下し文と現代語訳・解説を書いています。この故事は、目先の利益に目がいってしまい、結果的には利益が同じであることに気づかないという意味の四字熟語、「朝三暮四」の由来になったものです。

※書籍によっては、内容が異なる場合があります。
白文

宋有狙公者。愛狙、養之成群。能解狙之意、狙亦得公之心。損其家口、充狙之欲。

限其食。恐衆狙之不馴於己也、先之曰、与若、朝三而暮四、足乎。衆狙皆起而怒。俄而曰、与若芧、朝四而暮三、足乎。衆狙皆伏而喜。

書き下し文

宋に狙公なる者有り。狙を愛し、之を養ひて群れを成す。能く狙の意を解し、狙も亦公の心を得たり。其の家口を損じて、狙の欲を充たす。

俄にして匱し。将に其の食を限らんとす。衆狙の己に馴れざらんことを恐るるや、 先づ之を誑きて曰はく、若に芧を与ふるに、朝に三にして暮に四にせん、足るかと。衆狙皆起ちて怒る。俄にして曰はく、若に芧を与ふるに、朝に四にして暮に三にせん、足るかと。衆狙皆伏して喜ぶ。

次ページ:口語訳(現代語訳)と話の楽しみどころ


1ページ
前ページ
1/3
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。