manapedia
土佐日記『門出』(二十三日。八木のやすのりといふ人あり〜)現代語訳・口語訳と解説
著作名: 走るメロス
137,980 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

土佐日記『門出』

ここでは、土佐日記の中の『門出』の「二十三日。八木のやすのりといふ人あり」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。

前回のテキスト
『男もすなる日記といふものを〜』の現代語訳

原文

二十三日。八木のやすのりといふ人あり。この人、国に必ずしも言ひ使ふ者にもあらざなり
これぞ、たたはしきやうにて馬のはなむけしたる。守がらにやあらむ、国人の心の常として、

「今は。」

とて見えざなるを心ある者は恥ぢずになむ来ける。これは、物によりて褒むるにしもあらず。

二十四日。講師馬のはなむけしに出でませり。ありとある上下、童まで酔ひ痴れて、一文字をだに知らぬ者、しが足は十文字に踏みてぞ遊ぶ。

現代語訳

23日。八木のやすのりという人がいる。この人は、国司で必ずしも召抱えて使っている人ではないようだ。この者が、厳かな様子で馬のはなむけをしてくれた。国司としての人柄であろうか、この国の人の心情としては、

「今は(任期が終わって帰るのだからもう顔はあわせない。)」

といって顔を見せないでいるようだが、真心のある者は気兼ねせずに(見送りに)やってきてくれた。これは何も、贈り物をもらったから褒めているわけではない。

24日。講師が馬のはなむけをしにおいでになった。身分が上の人、身分が低い人、おまけに子供まで酔いしれて、一という文字すら知らない者が、その足は十という文字を踏んで遊んでいる。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説とテストに出題されそうな問題


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。