manapedia
土佐日記『門出』(男もすなる日記といふものを〜)現代語訳・口語訳と解説
著作名: 走るメロス
102,586 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

土佐日記『門出』

ここでは、土佐日記の中の『門出』の「男もすなる日記といふものを」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。

読む前に知っておきたいこと

この土佐日記は、日記ではあるけれど、すべてが事実ではなく日記調の文学作品というスタイルで物語が進んでいきます。この当時は男性は漢字で、女性は仮名文字で文章を書くのが主流でした。また男性の書き物は公的な文書が、女性の書き物は私的な感情をつめたものが多い時代でもありました。

ところがこの土佐日記は男性(紀貫之)が書いたにもかかわらず、仮名文字で書かれています。理由ははっきりしませんが、私的な感情をこめた日記を書きたかったがために、「男もすなる日記といふものを、女もしてみむ」と、あえて女性と偽ったのではないかとされています。また、もともと紀貫之は歌人で、仮名文字を使うことに抵抗がなかったとも言われています。

さて、この日記は、紀貫之が国司として勤めていた土佐(いまの高知県)をはなれるところからスタートします。長い間はなれていた京都を思う気持ちや、土佐で亡くなった娘への思い、道中での出来事などをユーモアを交えて書いてありますが、あくまでも主人公(自分のこと)を第3者の視点でみているということをおさえておきましょう。

原文

原文(本文)

男もすなる日記といふものを、女もしてむとて、するなり。それの年の十二月の二十日あまり一日の日の戌の時に、門出す。そのよし、いささかにものに書きつく
 
ある人の四年五年果てて、例のことどもみなし終へて、解由など取りて、住む館より出でて、船に乗るべき所へ渡る。かれこれ、知る知らぬ、送りす。年ごろ、よくくらべつる人々なむ、別れ難く思ひて、日しきりにとかくしつつ、ののしるうちに、夜更けぬ。

二十二日に、和泉の国までと、平らかに願立つ。藤原のときざね、船路なれど、馬のはなむけす。上中下、酔ひ飽きて、いとあやしく、潮海のほとりにて、あざれ合へり。

※つづき:「二十三日。八木のやすのりといふ人あり〜」の現代語訳と解説

現代語訳(口語訳)

殿方が書いていると聞く日記というものを、女(である私)も試しにしてみようと思って書くのである。ある年の12月21日、午後8時ごろに出発する。その(旅の)次第をほんの少し物に書きつける。

ある人が、国司としての4、5年の勤めが終わり、決まりごととなっている国司交代の引継ぎをすべて終えて、解由状などを受け取り、住んでいる館から出発して、(京に帰る)船に乗るはずになっている所へと移る。あの人この人、知っている人も知らない人も、見送りをする。ここ数年、親しく付き合ってきた人たちは、(私と)別れがたく思って、一日中絶えずあれこれ(世話を)しながら、騒いでいるうちに、夜がふけてしまった。

22日に、和泉(いまの大阪府南部)まで、無事に(着けるように)と神仏に祈る。藤原のときざねが、(馬には乗らない)船旅ではあるけれど、送別の宴をする。身分の高い者も中くらいな者も低い者も、すっかり酔っ払って、不思議なことであるが、海のほとりで、(魚肉が腐るはずのないのに)ふざけあっている。

※つづき:「二十三日。八木のやすのりといふ人あり〜」の現代語訳と解説
次ページ:品詞分解・単語解説とテストに出題されそうな問題


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。